BOOK INFOMATION

単行本 『 片付けられない女魂 』 は、Amazonマーケットプレイスで購入できます。
片付けられない女魂     Amazon
(扶桑社 / 全503頁 / 書き下ろしアリ)

携帯の方はこちらからどうぞ。




身体が痒くて仕方なかった。
アレルギーはないし、長年汚部屋に住んでいるのに、カビや埃やダニにやられたこともない。
最初に痒くなったのは顔面だった。
ああそうかそうか。
化粧水がきれてて、いつ貰ったか判んない試供品を使ったからか。
いよいよあたしも人並みに、「(古い)化粧水で肌が荒れちゃった☆」って言えるなーなどと呑気に考えていたけれど、そのうち、身体のいたるところが痒くなってきた。
ただ、我慢できない痒みというわけではなかったから、「かいーなぁー」と思いながらも片付けを続けた。
あちこちをボリボリ掻きながら、片付けを続けた。



「何年も使わなかった物はこれから先も使わない物」=「要らない物」と定義する人は多いように思う。
あたしも基本的にはそう思う。
あたしは随分長いこと、自分の部屋に何がどれくらいあるのか?を把握せずに暮らしていて、部屋中に山積みされているさまざまな物のうち、1割以下しか使っていなかったハズだ。
ということは、だ。
理論的にはその1割以下の物だけあれば生活できるわけで、つまり「今使っている物以外は全て捨てても困らない」という結論に至るのだけれど、果たしてそうだろうか?というのが、片付け始めて最初にわいた疑問だった。
1割以下の物を残して他は全部捨ててしまえば、それはかなりスッキリするだろうし、もっと早く片付けられるだろう。
あたしにとっては、物を捨てることよりも、収納を考えたり、片付けた後の部屋を維持することの方が大変だから、今部屋にある物の9割を捨てることは、その気になれば出来ると思う。
幸か不幸か、すげー力持ちだし。
ただ。
それじゃあまりにつまらない。
自分の部屋を片付けているというのに、引っ越し屋さんか、ゴミ屋敷を片付ける専門業者のような片付け方をしていちゃ、味気ない。
それに。
9割の物を捨ててスカスカな部屋が出来上がったところで、自分の意識が変わらなければ、数ヶ月後にはまた、見まごうことなき汚部屋が出来上がるに違いない。
だから考えたかった。
どれだけ時間をかけてもいいからしっかり考えたかった。
考え貫いていざ行動した結果、自分の要領の悪さにウンザリしようとも、それが自分で考えた末の行動ならば、結局はそれが自分に一番合った片付け方なんだと信じていた。



床に散らばっている物と、部屋の左手奥にある学習机にあった物を片付けるのは、案外楽しい作業だった。






うおー!
初々しいー!



そっかそっかー。
あたしってばこんな物を買ったこともあったのかー!
でも使ったことないんじゃないかなあ。
だって今、左右の耳にあいてる9個のピアスホール、全部安全ピンであけたハズだもの。(良い子は真似しないでね☆)
これからも使わないなー。
もう穴、開けないだろうし。
つーか、穴あけるとこ、ないし。






浮き輪!
覚えてる覚えてるー!
グアムのKマートで買ったんだ!
ナマコだらけのタモンビーチで、浮き輪してプカプカ浮いてたんだった。
でも。
誰と行ったんだったかなあ・・・・? ←サイテー女
まあこれも使わないだろうな。
だって結局あの時も、すぐにナマコを素足で踏むのに慣れちゃって、浮き輪は1時間も使わなかったもんな。






なんだっけ?
なんで買ったんだっけ?これ。
覚えてないけど、使ってみようかな。
あ。でも、成虫用って書いてある。
・・・・・ちっ。 ←もちろん、カツオ姫の撲滅を目論んでいた

と、その時。
学習机の上にあった小さいトレーを落としてしまった。






うわーん。
数珠ブレスがバラバラー。






ゴムがダメになってたかあ・・・・。
よし。
これはゴムを探して直して使おう!
はい、次!次ぃー!
・・・・と、セブンイレブンの袋に入ったままになっている雑誌を出してみたのだけれど。









なんで同じのを2冊買ったんだ?あたし。



素朴な疑問の答えは表紙にあった。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
どんだけ好きなんだよ。
いやいや、すごく好きだけど、2冊買うのは意味わかんねーし。
1冊は即、資源ゴミ行き。
もう1冊はよぉーく読んでから捨てましょう。そうしましょう。

しかしこの2冊のananを皮切りにあたしは、「どんだけ!」と、自分で自分にツッコミを入れまくることになる。




(約40個のライター)



しょっちゅう持ち忘れて出かけて、出先で買うハメになっちゃってるけど、こんなにあるとは思わなかった。
あー、4畳半の部屋にもまだあるなあ。
つーか全く、どんだけ学習機能がないんだ?あたし。
あげく。




(こういう、捨て方が難しい物はほんとに困る)



ガスライターは3本しか持ってなくて、しかもほとんど使ってないのに、ガスだけ2本もあるし。




(他、化粧ポーチの中にも2種類アリ)



どんだけ脂ギッシュなんだよ!






ふむふむ。
次は脱毛ゼリーかー。
何年前のだか判んないけど、古いと毛ぇ取れなさそー。






ああ。
脱毛ゼリーから脱毛器に移行したんだったっけ。
でもこの、1本ずつ摘まむタイプの高周波脱毛器って、確実に脱毛できたけどすげーメンドウだったんだよなあ・・・・。
肩は凝るし、手は疲れるし。






で、メンドウだからレーザー脱毛器を買った、と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
つうか。







ど ん だ け 毛 深 い ん だ よ ! あ た し !
(答え:熊並みですが何か)







もう、毛で悩むことはなくなったけど、でも最近本格的にオッサン化してきたから、近い将来、剛毛なヒゲが生えてくるかもしれない。
ニコラス・ケイジみたいな立派な胸毛が生えるかもしれない。
スネ毛が渦巻くほど生えるかもしれない。
ヘソの周りに太い毛が生えてきて下と繋がって、どこぞのお方のように、キュートな娘ちゃんに、



うわー、いっぱーい!ね~。」



って言われちゃうかもしれない。(この名セリフが登場する記事はコチラ
これがもし!万が一!色っぽいシチュエーションだったら・・・・?

いざという段になって好きな男に、



「うわー、パンツの下にまた黒いパンツ穿いてるみたーい」



なんて言われちゃったら、痴情のもつれによるデカい罪を犯しかねない。
というわけで。
レーザー脱毛器は手元に残しておくことにして、後は廃棄。



こうしてようやく、散らばっていた物の片付けが終わった。
魔境はまだ魔境のままだし、4畳半にはまだトトロが居る。
でも。
片付け始めてから今日まで、どんなに要領が悪くても自分を責めず諦めず、地道に片付け続けた成果がようやく形になった。






それではご覧頂きましょう。





みなさん、ハンカチのご用意を。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。





嘘です。ハンカチは要らないです。










(この部屋に掃除機をかけたのは11年ぶり☆)










くぅぅぅぅ・・・・。
掃除機をかけ終わった瞬間、ちょっと泣きたくなったなあ・・・・。
カーペットクリーナーを振り撒いて掃除機かけて、それでも綺麗になった気がしなくって、固く絞った雑巾で拭いてみたらやっぱりまだまだ汚くて、全身がダルくて汗だくになりながら拭いたもんなあ・・・・。
そしたら更に全身が痒くなったんだよなあ・・・・。

綺麗になった部屋に、フカフカの布団を敷いてみる。




(布団の敷き方は雑。斜めってても平気)



すげー!(夏目基準)
布団の周りにちょっとしか物が無い!
すげーーーーー!(夏目基準)



暫くの間、具体的には小一時間ほど、部屋を眺めて悦に入る。
が。
やっぱりなーんか痒い。
それに。
フカフカの布団に寝ようにも埃にまみれてあたし、汚・・・・・・・・
あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ!






4 日 間 、 風 呂 に 入 る の 忘 れ て た !
(最後に入ったのは5/2の朝)






全身の痒さの原因はコレだった。
慌ててお湯をためてゆっくり、具体的には3時間くらい風呂に入って、時々湯舟で寝たりして、で、ズブズブと溺れかけたりしながらもなんとか全身を洗って部屋に戻ると、痒みはすっかりなくなっていた。



綺麗な布団の上にあぐらをかいて、テレビを見ながらボーっとしていると、ふと頭に、使い古されたひとつの言葉が浮かんだ。



継続は力なり。



無駄なことなんて何もなかった。
続けることに意義があるんだと思う。
要領が悪くたっていいじゃないか。
続けることに意義があるのだ。絶対に。


そうだ。
記念に、片付け始めた時の画像を載せておこう。









ぷぷぷぷぷぷぷぷぷっ。
(この汚部屋っぷりを見るたびに、なんか笑える)





人気ブログランキング
 で。現在は学習机を解体中。が、すげー難儀してます。