BOOK INFOMATION

単行本 『 片付けられない女魂 』 は、Amazonマーケットプレイスで購入できます。
片付けられない女魂     Amazon
(扶桑社 / 全503頁 / 書き下ろしアリ)



Amazonで単行本の予約受付中です!
  片付けられない女魂 (Amazon.co.jp 商品詳細ページへ)




そーなんです。



本日、ブログ開設2年目に突入しましたー!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 (ひとり芝居開始)
あー、そこのキミ。キミだよ、キミ。
「いつまで片付けてんだよっ。つーか、いつになったら片付け再開記事書くんだよ」とか言わないの。思ってても言わないの。
 (ひとり芝居終了)



いやあそれにしても。
堪え性がなくて面倒くさがりでものぐさなあたしが、何をどう間違えたのかよりによって「片付け」というテーマでブログを始め、それを1年も続けることになろうとは思ってもみなかったなあ。
だってさあ、あたしがブログを始めた理由って・・・・、と!その前に。

えーっと。
ブログ開設1周年ということで、ちょっとイベントチックなことをしてみたいと思っております。
いつの日か是非ともやってみたいと思っていた、ブログならではの企画です。
その名も、



~ 片付けられない女魂 Presents トラックバック祭り ~



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 (再び、ひとり芝居開始)
あー、そこのキミ。キミだよ、キミ。
「はあ?いまどきトラックバック祭りだぁ?なんだよそのショボイ企画。つーか、俺になんかくれるんじゃねーのかよ」とか言わないの。思ってても言わないの。
 (ひとり芝居終了)



ブログにはトラックバックという機能があります。
ちなみにWikipedia「トラックバック」を検索してみると、



一般的にトラックバックとは、他人のブログの記事の内容を引用・参照した時、あるいは他人のブログの記事が自身のブログの記事と関連性のある話題を書いている場合などに、自身のブログの記事が引用・参照した事や関連性がある事を通知する目的で行なわれるものである。
 


とあります。
が。
今までこの機能を使ったことがない、という人も多いんじゃないでしょうか。
かくいうあたしもトラックバック機能は、「ヒメカツオブシムシネタを書いたらソッコーで虫博士(冬眠中)のブログにトラックバックを飛ばす」、という嫌がらせ的な使い方をする場合がほとんどです。
「でも、せっかくブログを書いてるんだもの、1回くらいその「トラックバック」っつー機能を使って遊んでみたいじゃないのー」と思ったわけです。



この企画はいたってシンプル。
単純に、ご自身でブログを書いて、当ブログにトラックバックを飛ばすだけです。
文中に当ブログへのリンクを貼ってくれたら嬉しいけれど、貼らなくても全然問題ありません。
ただし、お題があります。
お題に沿った記事からのトラックバックのみを受け付けることにします。(承認制です)
で、そのお題ですが。



「ブログを始めた理由」 です。



「片付け始めた理由」でも「掃除を始めた理由」でもなく、「ブログを始めた理由」ね。
「理由?「なんとなく」かなあ。ブログって流行ってるみたいだし?」っていう人もいるでしょうし、「好きなアーティストのファンと交流したくて」という人もいるでしょう。「つまんないブログばっか読んでるうちに「俺のほうが面白くかけるんじゃね?」って思ったんで」とか、「旦那の愚痴なんて、友達に言えなくてー」とか、「ぶっちゃけ、金が欲しくて」とかいう理由の人もいるでしょう。
エログ以外の日本語で書かれているものであれば、どんなテーマのブログでも構いませんし、改めて書かずとも、昔書いた記事からトラックバックを飛ばすっていうのも全然アリです。
いずれにしても。
綺麗事ではなく、本音を教えて貰えれば嬉しいです。

で、トラックバックを飛ばして頂くとどうなるかというと。
普段なら、左側にある「 TRACK BACK 」という欄にじゃんじゃんリンクが作成されるだけなんですが、今回はそれとは別に、この記事最下部にも、「トラックバック祭り参加者一覧」として随時リンクを貼らせて頂きます。
で。
あたしが夜な夜なリンク先に飛んで、読んで楽しむ、と。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 (三度、ひとり芝居開始)
あー、そこのキミ。キミだよ、キミ。
「なんだよ!結局お前が楽しいだけかよ!」とか言わないの。気づいちゃっても言わないの。ね?
 (ひとり芝居終了)


まあ、ここにトラックバックを飛ばしたところで、いつもよりほんの少しアクセス数が増えるとか、そんな程度の変化しかないかもしれませんが、でも、もしかするとステキな出会いが待ってるかもしれません。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!



だ、男性からのトラックバックもお待ちしております。



さてと。
地味ぃーな企画を長々と発表したところで、話をだいぶ元に戻すと。
そうだ。
まさか、自分がこのブログを1年も続けることになるとは思ってもみなかったなあ、って話の続きだ。



以前、日本経済新聞から取材を受けた時、「どうしてこういったテーマのブログを書こうと思ったんですか?」と訊かれた。
どういう言葉だったのかはハッキリ覚えていないけど、「会社の人や親しい友人にさえも、「汚部屋に住んでいる」「片付けられない」という、自分のダメな部分を見せずに暮らしているので、結果的に「嘘をついている」みたいな気持ちになって、それが心のどこかで気に掛かっていたのかも」みたいなことを答えたように思う。
もちろんこれは嘘じゃないんだけど、でもこれは、「ブログのテーマを「汚部屋」にした理由」であって、あたしがブログを始めた理由ではない。
じゃああたしがブログを始めた理由は何かと言うと、だ。



単純に、文章を書きたいだけだった。
面白くも何ともない理由だけど、これが、「私がブログを始めた理由」だ。



文章が持つ力はあたしにとって偉大で、たとえば、日常での小さな発見やクスっと笑える程度の些細な出来事を文章にすると、不思議なことにそれらは、「すげー面白かった出来事」に変わる。
たとえば、ほんのちょっとイラついた出来事を文字にすると、数分前まではイラっとしていたハズなのに、何故だかそれが、「ちょっと面白かった出来事」に変わり、イライラが消えてなくなる。
文章を書いているうちに、物の見方が変わってくるせいだと思う。
だからあたしにとって文章を書くということは、誰にも迷惑をかけずに出来る最も簡単な気分転換の方法だった。

かといって、過度のストレスを抱えていたかというとそうでもないし、人に相談できるような悩みがあったわけでもない。
そんなんじゃなく、ほんの少しの、大人なら誰にでもあるような日々のイラつきや焦り。
それを一瞬で「無かったもの」に変える手っ取り早い方法としてあたしが選んだのが「ブログを書く」ということだった。

さて。
ブログを書こうと決めたはいいが、どんなことを書こう?
内に内にと篭る文章は書きたくないし書けないし、顔も見えない人相手に嘘をついたり見栄を張ったりはしたくない。
第一、そんなこと書いたって気分転換にはなりゃしないどころか、却って虚しくなっちゃう。
じゃあアレか?
いっそのこと、ダメな自分をさらけ出しちゃったほうが長続きする?
あ!



麻雀敗戦記ブログにすっか?
(あたしにとって最も書きやすいテーマ)



あー、ダメだ。
そんなブログ始めたら「負けてもネタになるし」とか思ってますます勝てなくなりそ。
じゃあ何だ?何をテーマに書いたらいいんだ?



・・・・と考えあぐねていた去年の夏、あたしの人生の転機とも言える出来事があり、それがきっかけで、「片付けてみようかな。片付けなくちゃな。でも片付けられるのかな?」と思うに至り、気分転換の意味も含めてこのブログを立ち上げた、というわけです。

ちなみにこの、「去年の夏、ブログを始める前に起きた、人生の転機とも言える出来事」が、来週末に発売される単行本用に書き下ろした話です。



た、単行本は、Amazonで絶賛予約受付中ですっ。

  片付けられない女魂



まあこんなカンジで、誰にでも大なり小なりの「ブログを始めた理由」があると思うので、気が向いた方は是非ともこの企画に参加してみて下さい。
期間は概ね1週間程度。
参加者リストは随時更新します。



この記事のトラックバックURL

http://katadukero.blog77.fc2.com/tb.php/117-de908540



というわけで、ブログを開設して丸1年。
気分転換のつもりで、「書くだけでいいの。満足なの」と思って始めたブログが縁で、多くの人に出会い、たくさんの刺激を受け、汚部屋にあったゴミも消え、本まで出ることになりました。
人生何が起こるかわかりません。
・・・・・・・・ま、まあ、これ以上の良いコトは何もないかもしれませんが、誰のためでもなく自分自身のために、ブログも片付けもゆっくり続けていこうと思っています。
2年目も、どうぞよろしく。


~ 片付けられない女魂 Presents トラックバック祭り ~ 参加者リスト

01.お部屋をキレイにするブログTB記事へ
02.** iroiro ** [ TB記事へ ]
03.おうち大好き専業主婦の毎日TB記事へ
04.団塊の食卓 こんなんたべましたTB記事へ
05.らくだホテルTB記事へ
06.こけまり日記TB記事へ
07.寝る 食べる 買う!TB記事へ
08.ひつじ屋的お片付け生活のススメTB記事へ
09.500えんのせかいTB記事へ
10.静寂な日々TB記事へ
11.めざせ!自己満足できる部屋・生活!!TB記事へ
12.ここに座って、ハイ、注目~。=回復編=TB記事へ
13.ゆるーい生活☆TB記事へ
14.いっちょ やってみっか!TB記事へ
15.お買物って楽しいな-木のおもちゃ・絵本・雑貨が大好き♪TB記事へ
16.♪シンプルに生きる♪TB記事へ
17.おしゃれ手紙TB記事へ
18.Debbyの日常 ~馬と戯言とダイエット~TB記事へ
19.なまけものの家TB記事へ
20.三十路まだおのよかった探しTB記事へ
21.HENRY頑張ってますね(`ε´)TB記事へ
22.甘党rirako.のダイエット日記TB記事へ
23.The・テキパキさんへの道TB記事へ
24.ズボラも大雑把も返上!
      綺麗好きと呼ばれる自分を目指したい!
TB記事へ
25.今日のごはんなあに?TB記事へ
26.頑張るマスTB記事へ
27.ざっくり、さっぱり。TB記事へ
28.そのまんまでいいよTB記事へ
29.四十路のぼやきTB記事へ
30.ズボラ兼業主婦がゆく!TB記事へ
31.最適化TB記事へ
32.シンプルへの道も一歩からTB記事へ
33.シンプルに暮らしたいTB記事へ
34.M++TB記事へ
35.甘 味 料TB記事へ
36.kumax special ~バツイチ三十路のつれづれ日記~TB記事へ
37.はい、三十路超です。TB記事へ
38.のんびりやさんのお片づけTB記事へ
39. 『同棲→結婚→ははへの道のり』TB記事へ
40.こんな私でも2児の母TB記事へ
41.夏椿館管理組合理事長日記TB記事へ
42.ヴィンテージ家具店オールドメゾンスタッフブログTB記事へ
43.ぺんぎんRoomTB記事へ
44.陽だまりTB記事へ
45.大切な時間TB記事へ
46.汚部屋からの脱出♪~風水*スピリチュアルでHappy Life~TB記事へ
47.捨ててスッキリ。キレイに暮らす。TB記事へ
48.平凡で幸せな毎日TB記事へ
49.utinoko@kotaroTB記事へ
50.だらりんLife改造計画TB記事へ
51.風水でちょっこっと金運アップ♪TB記事へ
52.ぐうたらご飯日記TB記事へ
53.片付けられない女のお片付け日記TB記事へ
54.!!!HAPPY HARRY HAPPY !!!TB記事へ
55.ノスタルジックな”ものづくり”TB記事へ
56.苗加+野村島=東野尻<砺波市<富山県TB記事へ
57.なんてったってTB記事へ
58.片付けられない女からの脱却TB記事へ
59.片付けられる女への道♪・゚☆.。.:*♪TB記事へ
60.りんぐのブログTB記事へ
61.お茶にしようかTB記事へ
62.ecozy ・・・TB記事へ
63.坊主のひとりごと…TB記事へ
64.びみょうなまいにちTB記事へ
65.Okey Dokey ★★★TB記事へ
66.うっさ★の徒然なるままにTB記事へ
67.ダメダメ女更生日記TB記事へ
68.before→afterTB記事へ
69.一歩前へTB記事へ
70.rumirumi日記TB記事へ
71.明るいあしたTB記事へ
72.売る・捨てる・使い切るTB記事へ
73.はるのうみ なつのそらTB記事へ
74.ajipuo ~ 日々の徒然、時々料理 ~TB記事へ
75.オレンジペコTB記事へ
76.札幌暮らしTB記事へ
77.一人暮らしの生活費TB記事へ
78.3冊目のweb読書ノートTB記事へ
79.三十路ダメ男通信II~悪霊の神々~TB記事へ
80.些細な出来事のメモTB記事へ
81.育児の記録TB記事へ
82. OLIVETB記事へ
83.三十路をこえて思うことTB記事へ
84.スッキリしましょうTB記事へ
85.ぐうたらママ脱却計画!!TB記事へ
86.日々精進ではなく、日々試行錯誤TB記事へ
87.ヨゴレの汚片づけ日記TB記事へ
88.ツメが甘すぎる人間の日々TB記事へ
89.日記のような雑文TB記事へ
90.カリノ トウコTB記事へ
91.*縫物屋ぬうぬう*のちこのぬうぬう日記TB記事へ
92.清潔感をくださいTB記事へ
93.美しい生活までの遠い遠い道のりTB記事へ
94.負け犬つんの喜界島便りTB記事へ
95.このままでは!TB記事へ
96.のんびりお片づけTB記事へ
97.夫婦二人暮し。TB記事へ



他、締め切りまでにTBを受信できませんでしたが下記サイトにも参加して頂きました。ありがとうございました。

汚部屋 ~1日1個モノを捨てよう~TB記事へ
りこの日常覚えが記TB記事へ
やんわりな日々~妄想とアイスと時々おかん~TB記事へ
(仮)yo-'s homepageTB記事へ
Maple Life*TB記事へ
だから、何?TB記事へ





人気ブログランキング
 カナさんのブログの「らくがきボード」にドラえもんを描いた方。好きです。