BOOK INFOMATION

単行本 『 片付けられない女魂 』 は、Amazonマーケットプレイスで購入できます。
片付けられない女魂     Amazon
(扶桑社 / 全503頁 / 書き下ろしアリ)



上司によると、あたしの口癖は、「メンドクセ」と「腹減った」らしい。
そういえば最近は、以前にも増して、ありとあらゆる私事がメンドくさくて仕方ない。
シラフだと、喋ることがメンドウで、だから会社では仕事に関係する話以外はほとんどしない。
「仕事中は私語は慎むべき!」なんてことは微塵も思っていないし、話をする暇もないくらい慌しく過ごしているわけでもない。
耳障りな声でなければ、人が話しているのを聞いているのは好きだ。
でも、会社では、仕事で喋ることが多い分、それ以外の話をするのがメンドウ。
じゃあ仕事以外でメンドウじゃないことはなんだろ?と考えても、思い浮かぶのは「麻雀」「トイレ」「タバコ」「食事」「呑み」「麻雀」くらいなもので、片付けはもちろんのこと、蛇口をひねればお湯が出るようになった風呂に入ることすらメンドくさい。
中でも一番メンドウなのが、買い物。
汚部屋が出来た理由のひとつには、「要らない物を買い続けた」こともあるっつうのに、「要る物を買いに出かける」というのが、何故だか物凄く億劫なのだ。
食料品はまだいい。
会社帰り、家の近くにあるスーパーマーケットに寄ればいいだけだから、これはあまり億劫に思わない。
ただ、それが休日となると話は別で、食料品を買いにわざわざ近所のスーパーマーケットに出かけるなんてこと、もう何年もしたことがない。
徒歩3分のところに、スーパーマーケットがあるのに、だ。

仕事を終えて呑みに行く前にふらっと立寄ったランジェリーショップで、アホみたいな量の下着を買ったり、ついでにうっかり


(あたしのTuche備蓄量はハンパじゃないが、ヒナさんほどではない)

Tuche も買ってしまったりするのは日常茶飯事なのだが、どうも、「どこかに行くついでに」ではなく、「必要な物を買うためだけにわざわざ出かける」だと、メンドくさくなるらしい。
で。
ずるずると買いそびれているが故に、日常生活に支障をきたしている。



あたしがそれを捨てたのは、撮っていた画像のタイムスタンプによると、去年の10月28日のことらしい。
ちょうど汚部屋に大雪崩が発生した頃で、捨てることに少し快感を覚え始めていたあたしは、ほぼ毎日使っていたそれが無くなると不便だとかはあまり考えていなかった。
というか。
いつも、汚部屋の汚い絨毯の上に伏せて置く癖がついてたそれは、




(お洗濯上手な人向けの商品だったのか)



改めて表返して見てみると、有り得ないほど汚なかった。
いつから使っているのか定かではないが、15年以上20年未満は使っている気がする。




(いつも使っている物ほど、その汚さに気づかない)



汚いだけではない。
マジマジと表面を見てみると、小さな穴が無数に開いている。






それが繊維疲労によるものなのか、他の何かの仕業なのかは判らなかったが、






穴のサイズを考えると後者の可能性が高いような気がした。




(「他の何か」入りガムテ)



大した値段でもなかっただろうし十分に使い倒したし、それより何より、いくらあたしが虫全般平気でも、他の何かの巣窟になっているかもしれない物を取っておく気にはなれず、無くなった後のことはさして考えずに捨てた。

捨てた直後は「新しいのを買わないと」と思い、ネットで「アイロン台」と検索しては、「脚付きがいいかな?スタンド式がいいのかな?」と、楽しく物色していたのだが、



どれがいいのか決めかねているうちに、考えることに飽きてきた。
でも。
「何でもいいから買ってしまえ!」と思ったり、「いやいや、思いつきで買うのはもうやめたんだ!慎重に選ばなくちゃ」と思ったり、かなりどうでもいいレベルで迷っている間にも、アイロンがけが必要な服はどんどん増えていく。
・・・・普通ならここで、「スーツをハンガーにかけて吊るせばいいだけなんじゃ、ボケ!」と気づくんだろうが、何せあたしは片付けられない女なわけで。骨の髄まで汚部屋住人気質なわけで。
全く気づかないわけではなかったが、十数年ですっかり身についてしまったその習慣がすぐに治るとも思っていなかったから、やはりアイロンがけは必須だった。



で。
新しいアイロン台を買うまでは、敷布団の上でスーツにアイロンをかけることにした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



汚いアイロン台より更に汚くねえか?



とは思ったのだが、そこはコテコテの汚部屋住人。
アイロン台を選定するのも買いに行くのもメンドウで、結局約1年もの間、敷布団の上でアイロンをかけ続けた。



ところがつい先日のこと。
暫く見かけなかった彼女を見かけたことがきっかけで、ようやくあたしは、「万年床の上でアイロンがけするのは危険じゃないか?」と気づいた。
で。
1年も「メンドクセ」と思い続けていたくせに、ソッコーでアイロン台を買いに行った。




(店に行ったら迷うことなく、使い慣れた平型に手が伸びた)



こんなモンを買うのにどうして1年もかかるのか、自分でもぜんっぜん判んない。
でも、今回はマジで焦ったわー。
だって、今まで見たことがない場所で彼女を見つけたんだもん。



(以下に虫画像が載っていますので、苦手な方は見ないでください)













(出ます!)














ご存知ない方へ。
これはヒメカツオブシムシという害虫で、あたしのルームメイトです。
いつもは「カツオ姫」と呼んで仲良く暮らしています。



ちなみにこれは、部屋の布団の上。
これまでは布団の上では見たことがなかったのだが、アイロン用に敷いてみたタオルの上に、クルンと居やがった。
しかも、2日も続けて居やがった。

アイロン台といい、このタオルといい、カツオ姫はアイロンがけ跡地が好きなのかもしれない。
まあ単に、季節的なものかもしれないが、大量発生されちゃあ困る。
つーかこいつらを根絶するのは無理なんだろうか?
絨毯剥がさないとダメなのか?
絨毯を剥がすのなんてメンドクセーよ。
でもなあ。
地べただけなんだよなあ・・・・。
ううーん。
8畳と4畳半で12畳半か・・・・。
剥がす?
剥がしてフローリングにでもしちゃう?(自分で)



・・・・・と思っていた矢先、



(以下に虫画像が載っていますので、苦手な方は見ないでください)













(出ます!)



















天 井 近 い 壁 に 張 り 付 く 彼 女 を 見 つ け た 。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。





が、がんばったね、カツオ姫。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・っていうか。





あたしのルームメイトは壁も登れるのか・・・・。





人気ブログランキング
 カナさんのブログは開設3年目に突入でぇーす!