BOOK INFOMATION

単行本 『 片付けられない女魂 』 は、Amazonマーケットプレイスで購入できます。
片付けられない女魂     Amazon
(扶桑社 / 全503頁 / 書き下ろしアリ)



(この記事は、サイバーバズの商品試用レポートを含んでいます)


気まぐれに、「今日は1次会だけで帰ろう」とか「22時までには帰ろう」という心づもりで呑みに行っても、よほどの用がない限り散会するまで呑み続けるので、最近はもう、呑んで帰宅してから何かをしようとは思わなくなっている。
だから、10日連続して家でやらなくちゃいけないことがあるとなれば、外呑みは厳禁。
だから初日は、家でやらなくちゃいけないことを外で片付けるべく、フェイシャルエステサロンをやっている友人の元を訪れた。
フェヴリナの、ナノアクアジェルパックを持って。




(入手した時の話は、過去ログ「出会いより酸素パック」をご覧あれ)



だいぶ前にテレビで武田久美子が、「エステサロンで施術してもらっている最中は絶対に眠らない。プロの技術を家で実践したいから、自分にとってサロンは勉強の場なの」というような話をしていて、心底すげーと思ったことがある。



今回この酸素パックを試すことになってそれを思い出し、最も効果的な方法は何かを教えてもらうべく、その道のプロに聞きに行ったのだった。
でも、あたしのことをよーく知っている彼女がジェルパックを塗りながら教えてくれたのは、「どんだけメンドウでも、フェイスマスクじゃなくてラップを巻け」ということくらいで、



後は延々、「・・・・ちゃんと続けられるの?」とか「「メンドクセーからやめた」って言わない?」という心配事を口にするばかり。
あげく、「毎日会社帰りにサロンに寄ったらあたしがやってあげるよ?」とまで言ってくれた。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



それをやったらあたし達、10日連続で呑みに行っちゃうだろーが。




(と言ったそばから呑みに行く女2人)






(焼き鳥・焼肉・しゃぶしゃぶ。選択肢はいつも3つしかない)





この翌日からは、部屋で自分でジェルパックをした。
まずは洗顔。
そして、冷やした濡れタオルを顔にあて、




(キンキンに凍らせた保冷剤をくるんで、濡れタオルを冷やす)



ジェルと顆粒を混ぜ合わせて、




(ジェルのみ)



(顆粒乗せジェル)



(混(ま)じぇる。 ←これが書きたいがために3枚撮影)



それをヘラで顔に乗せたら、




(家では常に頭がミイ)




鼻の穴だけ開け、顔をラップで覆う。




(こんなマヌケな格好をしないと美肌は手に入れられないんでしょーか)



で、このまま待つこと30分。
目の下にもジェルを塗ったためラップは目の部分をくり抜かず巻いたのだが、ラップを通して見える世界はボヤけていて(当たり前)、本を読むこともテレビを見ることもできない。
かといって、目の部分をくり抜いたら、目のキワが潤ってくれなさそうな気がするし。
まあ、30分どころか30時間でもボーっとして居られるからいいか。
・・・・ボーっとし過ぎか。

30分後、ラップを剥がし、






顔のジェルをヘラでこそげ落としてから顔を洗い、いつものスキンケアをしたら、使ったもんを洗ってようやく終了。




(ファンデーションのパフを毎日洗っている汚部屋住人)



これを自宅で9日間続けた。
2日目までは、ジェルを顔に乗せた時に、パチパチっつうかチクチクっつうかピリピリっつうか、「痛い」まではいかない不思議な刺激があったのだが、3日目からはそれがなくなり、そのかわり、明らかに肌がツルンとしてきた。
そして。
パックの後で化粧水をつけた時のなじみ方が半端ない。
これまで衰えていた細胞が活発になって、「水ぅー、水くれやー」と言ってるような、そしてその水を与えてあげるとしっかり潤ってそれがいつまでも涸れずに持続するようなプルプル感。
翌朝の化粧のノリも明らかに違って、化粧をするのがとってもラク。
手順はメンドウだけど、毎日フェイシャルエステサロンに行ったかのようで、気持ちまで潤ってくる。
つうか。
これほどまで劇的に、肌の変化を実感したことなんてなかったよなあ・・・・。




(部屋中に散乱する、サイバーバズの箱とぷちぷち)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。





片 付 け る か 。









(本来、ストレス解消にもなり得るぷちぷちは、大量だと存在だけでストレス)







(資源ごみとプラごみが出来た)



で。
資源ごみ収集日だった昨日、出し忘れた、と・・・・。 ←もう慣れっこ





人気ブログランキング
 カナさんのカーペット交換記事の最後に切ないお知らせが・・・・。でも、過去ログを見返すの、いつまで経っても飽きないから我慢するんだわん!(まるちゃん風)