BOOK INFOMATION

単行本 『 片付けられない女魂 』 は、Amazonマーケットプレイスで購入できます。
片付けられない女魂     Amazon
(扶桑社 / 全503頁 / 書き下ろしアリ)



お盆前のこと、夏目父が「仕事部屋にあるキャビネットを買い替えることにしたんだ」と言った。
それは、親子の会話としては自然かもしれないが、我が家の会話としてはとても不自然で、というのも我が家では何を買ってもブツが手元に来てからの事後報告が普通だからだ。

「・・・・あたしに買えって言ってんじゃないよね?」
「違うよ」
「すげー高いのは経費で落とさないよ」
「ケチだなあ、俺の会社」
「え゛。すげー高いの?」
「いや、そんなんでもない」
「じゃあ、何が問題よ?」

問題は、新しいキャビネットがそれまでのものより少し幅があるということだった。
で、今までキャビネの横にあった物を、作り付けの収納庫に入れようとしたのだが、そこが満杯で入らない、と。

「改めて見てみたら要らないモンが結構入ってたから捨てようと思うんだけど」
「ほう」
「それをさ、次のゴミの日まで4畳半に置かせてもらっていい?」
「おお!いいよー。あ、捨てる物の中に粗大ゴミはある?」
「ない」
「じゃあ、4畳半に纏めて置いといてくれれば、あたしが次のゴミの日に捨てるよ」
「いいの?」
「うん。ジャンジャンどうぞー」



これまでも度々書いているが。
夏目父はいかなる場合でも、「ゴミ袋を持って1階のゴミ収集コンテナに入れに行く」ということをしない。
娘が捨て忘れた生ゴミ入りのゴミ袋を風呂場で熟成させてみたり、自分から「捨てに行ってやるよ」と言ったくせに「持ってみたら結構重かった」という理由でゴミを置き去りにしたりするヤツだ。
自分の部屋から出たゴミをゴミ袋に纏めたところで、それを1階まで捨てに行きはしないだろう。
ただ、せっかく捨てようとしているのだから、その意欲は削きたくない。
だから、



「ゴミ捨て場に持って行くまでがゴミ捨てです」



なんて無粋なことは言わないでおいた。



キャビネットの納品日。
仕事を終えてあたしが帰宅すると、玄関がやけにスッキリしていた。
どこがどう変わったのか、一瞬わからずにいたが、どうやら、あたしが出しっぱなしにしていたロングブーツを夏目父が仕舞ってくれたらしかった。

リビングへ行くと夏目父は「おかえり」と言った後で、「あ、玄関にあったブーツ、よけたからね」と言った。

「すまないねえ。真夏にブーツ出しっぱなしにして」
「履いてないんだよね?」
「履いてない。でも仕舞ってもいなかった」
「そう。最近の若い子みたいに、真夏にブーツ履いてるわけじゃないんだね」
「・・・・若くないからね、貴方の娘さん」
「うん」

その後、夏目父が新しく買ったキャビネットを見てから自分の部屋で着替えをし、ベランダでタバコを吸おうと4畳半の部屋に入った。
するとそこには、なんとも懐かしい光景が広がっていた。













(「ブーツよけた」って、ここにかよ)







おうおうおうおう。随分ナメた真似してくれてんじゃねーかよ、オッサン。







・・・・と、ガラが悪くなったのが、お盆あたりのことだった。

ガラが悪くなったとはいえ、ゴミ袋に詰めることを途中で放棄したであろう夏目父に、呆れはしたけれどさほど腹が立ったわけではない。
そもそも、片付けられるとか片付けられないとかいうのとは違う次元で生きている人だからコレもアリなわけで。
寧ろ、そんな人の娘を長年やっているのに、未だにしょっちゅう意表をつかれてるあたしは、いつになったら夏目父に慣れるのだろうと思ったりした。
で。
この状態のまま暫く放置していたのだが、昨夜うっすらやる気になったので、明らかに要らないだろうと思える物をゴミ袋に詰めてみたら、ものの5分で先が見えてきた。




(ブーツは靴箱へ)



捨てるのか捨てないのか?捨てないとして、でも自分は本当にそれを使いこなせるのか?使いこなせるとしてもそれはどこに仕舞うのか?ということを考えながら選別するのは大変だけれど(夏目基準)、今回みたいに、はなから「捨てる」と決まっている物たちをゴミ袋に詰めるだけならすげー簡単。
これが自分の物ならば、手に取ってまた考えてしまったり、真剣に考えてるうちに猛烈な睡魔に襲われることもあるけれど、今回は全部が全部人の物だから超簡単。
が。
45リットルのゴミ袋2つ目がいっぱいになりかけた時、






思わず二度見してしまうような不思議な物を目にして、あたしの思考は停止した。(註:虫ではありません)
それは、どう考えても夏目父の部屋には無さそうな物だった。
というか。
自分ちでそれを見たこと自体、20年ぶりくらいじゃないだろうか。




(あります)











た・・・・わし・・・・?











たわし・・・・だよなあ?











寄 り 過 ぎ ?
(うん、かなり)



結局夕べはここまでで終了。
今朝はゴミ2袋を捨ててから出社した。
つうわけで、今晩は、



夏 目 父 を 小 一 時 間 問 い 詰 め る と こ ろ か ら 作 業 再 開 。





人気ブログランキング
 蟲師の買い物記事は勢いがある。虫記事と同じくらいの勢いが。


仕事が休みなんだからゆっくり寝てりゃあいいものを、ミニコンポのタイマーを切り忘れたせいで、昨日は7時に起床。
用もないのに7時に起床。
・・・・が、そういえば資源ごみの回収日だったことを思い出せたので、早速古新聞を縛った。




(自分でも呆れるくらいブレてる)



約2年前(!)、部屋を片付け始めたあたしが最初にやったことは、家のあちこちに大量にあった古新聞を捨てることだった。
まだまだ暑い9月の初めに、重い新聞紙を持って4階から1階までを8往復するなんて、何かの稽古?つうか、何のバツゲーム?くらい大変だったけど、今になって思えば、あの大変さを身をもって知ったから、あれからのあたしは大して新聞を溜めずに済んでいるのかもしれない。
今回は、マンションの下にある収集場所まで新聞を持って2往復、ダンボールを持ってもう1往復。






計3往復でも思いっきり汗だくになったけど、8往復の時とは比べ物にならない。
「あたしも随分成長したもんだなー」と、自分で自分に感心しながらリビングへ行くと、成長も学習もしない親がまた46型テレビでスーファミのテトリスをやっていた。



夏目父は、少なくとも13年、スーパーファミコンの 『 スーパーテトリス3 』 をやり続けていて、それはもう、「同世代で夏目父より上手い人はいないだろうなあ」と思えるくらいすげー腕前なのだが、一旦始めると、999,999点(が最高得点)になるまで決して止めないから始末が悪い。
約13年前、お姉ちゃんが結納について説明していた時も、夏目父はテトリスをしながら話半分に聞いていて、



「ゲームをやめて人の話を聞けっ!」



と思いっきり叱られても止めなかったため(アホ)、危うく、結婚直前の娘に縁を切られそうにもなった。
13年よくも飽きずに・・・・とはもちろん思うが、本人曰く、「とっくの昔に飽きてるけど、なんとなくやっちゃって、やり始めるとやめられない」、らしい。



お 前 は 小 さ い 子 か 。



そのテトリスを夏目父は昨日の朝もやっていて、あたしはこれまで一切それをどうこう言ったことはなかったが、昨日の朝ばかりは少し困った。
何故なら夏目父に用があったからだった。






つい最近、新しい電話帳が届いた。
で、それと一緒に、古い電話帳の回収日が書かれた紙が入っていた。






あたしが電話帳を使うことは皆無だが夏目父は仕事でたまに使ってて、でも、リビングで見かけたことはないから、古い電話帳は夏目父の寝室か仕事部屋にあるハズだった。
で、あたしは、その在り処が知りたかった。
テトリスをやりながらでも答えられそうな、簡単な話だ。
だから声をかけてみた。

「新しい電話帳きたよ。で、明日古い電話帳の回収日なんだけど、古いのどこにある?」
「んー」
「ゲーム終わってからでいいから出しといてね」
「んー」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
半分うわの空だとしても反応が鈍い。
全然大事な話じゃないからそれでもいいけど、確かにこれが自分の人生に関わるような大事な話だったら腹立たしいだろう。
しかも、話をするタイミングを見計ろうとも、一旦始めると何時間もやり続けているわけで。
やっぱ、あの時お姉ちゃんは相当頭にきただろうなあ・・・・。

なんてことを考えていたら、暫く無言でテトリスを続けていた夏目父が呟いた。

無いと思うけど
「ん?」
「古い電話帳なんかあったっけ?無いと思うけど
「・・・・ほう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
よく考えてみれば、話し掛けるのは今じゃなくても良かったわけで。
こんなタイミングで話し掛けたあたしがアホだったわけで。
ゲーム終わったらまた訊いてみようと決めてあたしは部屋に戻った。
が。
昨日に限って夏目父は調子が悪かったようで、なかなか999,999点まで到達しない。
つまり。



朝から晩までずーーーっとテトリスをやっていやがるわけで。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。








お 前 は 小 さ い 子 か 。





一緒に暮らしていようが離れていようが、自分と親とのフットワークの違いを感じることは確かに多い。
ただ。
だからといってあたしは、親を自分のペースに引き込むことはできないし、責めることなんて絶対に出来ない。
「物を捨てる」ということに関して言えば、あたしだってついこの間まではちっともさっぱり出来なかったわけで、ようやく自分にそれが身についてきたからといって親にそれを強いる気は微塵もない。
ましてや、「親が死んだ後で困るのはあたしなのに!」なんてことを、少しでも考えるようになったなら、あたしはあたしを嫌いになる。確実に。
生きてる間に親のケツを叩いて身の回りを片付けさせスッキリした気分で逝かすことを考えるより、その時が来たら、「後のことはあたしに任せて。全部あたしが片付けてやっから」と言いたい。
その時がどんなに大変でも、軽い調子でそう言いたい。
まあ。
娘のあたしより長生きしそうなヤツなんだが。(親戚一同、同じ意見)





結局、古い電話帳の在り処を聞けたのは、昨日の深夜。
具体的には、午前1時
15時間待ちだった。








(過去5回分溜まってても「無いと思うけど」と言えるのが夏目父)







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。







おうこら、オッサン。







今度テキトーなこと言ったら、スーパーファミコン捨てっからな。
(小さい子か)





人気ブログランキング
 二重が埋もれてもやっぱりすげー可愛いじゃねえか、バブ男くん。


有給休暇も夏季休暇もあるんだから平日に休みを取るのは簡単だけど、旅をする時以外はよほどのことが無い限り仕事を休まない。ことにしている。
「平日に会社を休んで家でぼーっとしてたいなあ」とはしょっちゅう、具体的には1日に1回・・・・から46回くらい思うけど(幅ありすぎだ)、自分が何時間でも何日でも何年でもぼーっとしていられるヤツだということを痛いほど知っているから、危険過ぎて休めない。
そんなあたしが、お盆に1日休むことになった。



夏休み前夜。
「(雀荘に行かないとすれば)墓参り以外は家で北京五輪を見て過ごす、つうのが一番あたしがやりそうなことだなー」と、早くも諦めモードでTVを見ていると、そういえば銀行の窓口に行く用事があることに気がついた。
ああ、郵便局にも行かないと。
それから、車にガス入れないと。
ああ、あと、帰省してる義兄に、「ベランダの鉢に水遣りよろしく」って言われてたんだった。
「郵便受けがいっぱいになっちゃうから新聞とっておいてね」ってのも。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
「えっと、えーっと、それから、他にはー」と考えたところで急に睡魔襲ってきて夢の中へ。



そうして。
たくさんある用事をどういう順番でこなすか?を脳内シミュレーションできないまま迎えた夏休み当日。
朝、何から手をつけていいのか判らず、新聞を広げてぼーっとし、ワイドショーを見てまたぼーっとしていたら、夏目父が部屋にやってきて、「ちょっと会社まで送ってってよ」と言う。

「仕事だったんだ」
「そう。午前中で終わるから、12時くらいに迎えに来て」
「了解」

つうわけで、朝7時から荒々しく入浴。
風呂場の天井に泡を飛ばす勢いで洗髪。
で、タオルを肩の上からパンパンして背中の水滴を取りながら、まっぱで部屋に戻り、通報されない最低限のものを身につけてリビングへ。

「さあ行くよ!」
「・・・・・・・・・・いつも思うんだけど」
「おう、何だ」
「よくもまあ、風呂からあがって5分も経たないうちに出かけようとするね」
「あ。え?準備まだだった?」
「まだだよ」
「あとどんくらい?」
「9時に会社に着けばいいから」
「そうなんだ」
「そうです」



家を出るまでにあと1時間もある。
何か今のうちに出来ることはないかと考えてみたが、動きの荒々しさに頭がついてこない。
なので小一時間、



日々草についた雨粒を眺めてやり過ごす。








ようやく我に返り、夏目父を会社に送り届けるついでに全ての用を足してしまおうと思い立ち、払い込み用紙やらなにやら、思いつく全ての物をバッグに入れた。

が、夏目父を会社まで送り届けた後、ガススタで給油して貰っていたら徐々に頭の中がクリアになってきて、すると、銀行や郵便局じゃなくて、どうしても平日の昼間じゃなくちゃいけない用事を思い出した。






20代前半に持つはめになったこの数珠を洗濯機で洗ってしまったのは、3年か4年か5年前のこと。(曖昧)
小さい頃、お母さんは、「ズボンのポケットの中をカラにしてから洗濯カゴに入れなさい」と言っていた。
「ティッシュペーパーが一番大変なんだからね」とも。
でも。
ティッシュペーパーよりも数珠のほうが大変だったよ、お母さん!



フサの紫が色落ちしちゃって、一緒に洗っちまったTシャツは全部ダメになるし、フサはほどけてぐちゃぐちゃになるし。






こんなになってすぐの頃だったと思う。
フサの部分だけ交換できないものかと、これを買った仏具屋に持っていってみたのだが、「修理はやってないのよ」と言われてしまった。
更には、「安くてカワイイ数珠もいっぱいあるんだから、新しいのを買ったほうがお得よ」とも言う。
「そうですかー。じゃあ買う方向で検討してみます」と言って店を出てはみたものの、実は全然納得していなかった。
安いとか高いとかの問題じゃないんだけどなー、ということばかりが腹の奥のほうで渦巻いていた。
ところが。
いざ数珠を直してくれるところを探してみると、なるほど、仏具屋さんが言ったのは本当で、「以前はやってたんですけど今はやめたんですよ」という返事が多かった。
が、つい最近。
お寺の住職さんと話をする機会があり、タイミングよく数珠のことを思い出したので訊いてみた。



「あのさ、お前が使ってる数珠ってさ」



・・・・って書き忘れたが、このお寺の住職は、学生時代のクラスメイトだ。

「切れちゃうこともあるでしょ?」
「あるよ」
「切れたら直すの?」
「物によっては直すこともあるよ」
「おお!」
「な、何だよ?」
「数珠直してくれる人、紹介してくれ」
「は?紹介?お前に?」
「そう」
「いやだよ」
「なんで」



「だってその人、結婚してるもの」








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。








そ っ ち の 「 紹 介 」 じ ゃ ね え ん だ よ っ 、 ク ソ 坊 主 っ !
(と、ホントに言った罰当たりな女)



クソ坊主の紹介ではあったが、長年続いているお寺に代々伝わる数珠の直しをしてくれるくらいだから腕は確かなのだろう。
問題は、その仏具屋さんが、平日の16時までしか営業していないことだった。

だから、平日の午前中に思い出したのはラッキーだった。
急いで家に帰り、数珠を持って、仏具屋の場所をネットで確かめてから家を出た。
「○○寺の住職さんの紹介で」と言うと、仏具屋のご主人は「伺ってました」と言ってにっこり笑い、「フサだけでなく、全体的にリメイクすることもできますよ」と言ってくれた。
更に、「仕上がったものを取りにいらっしゃるのは大変でしょうから、○○寺さんにお届けしておきましょうか?」とも言ってくれた。
ちなみに、リメイク料は5,250円。
5,250円払って新しい数珠を買うよりもずっとずっとずーっと気持ちが落ち着いた。



仏具屋からの帰り道、銀行で用を済ませ、義兄宅へ行き溜まった新聞を取ってベランダの鉢に水を遣り、郵便局での用も済ませた。
いい時間になったので夏目父を迎えに行き、一緒に墓参りへ。




(我が家の供花はいつでもトルコ桔梗入り)



夜は夏目父とふたり、野球場で花火を見て、1日だけの夏休みが終わった。






銀行や郵便局の窓口でしか足せない用を済ませたことも去ることながら、数珠が直る目途がついたことが何よりも嬉しかった。



「物は大事にしましょう」とかいう話では無い。
ただ。
心の片隅に少しでも「これで終わりにしたくない」という気持ちがあったなら、素直にそれに従いたい。
たとえ誰に何を言われても、世の主流がどうであれ、自分の気持ちだけを優先したいことだってあるのだ。



「そこまでに何年かかってもいいじゃないか」という話でも無い。
フットワークが軽いに越したことはないし、実際あたしはこの数珠を洗濯してしまってからずっと、仏事のたびに要らないタメイキまでついていた。
これを手に掛けて手を合わせるたび、フサのことばかりが気になっていた。
ただ。
だからと言って焦って買い替えなくて良かった。
買い替えていたならきっと、別のタメイキが出ていただろうから。


そしてもちろん。
「一仕事したんだから、ココの片付けはしなくていいでしょ」という話でも無い。













・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。







なんかもうメンドク・・・・いえ、なんでもありません。





人気ブログランキング
 自称ステ奥な蟲師が、史上最強な新たなる虫を連れてやってきた!


注文していた壁紙の到着が後ろにズレたのでなんとなくホっとして、かねてから読みたかったブ厚い本を読み耽っていたら、「独言」という言葉が出てきた。
それをきっかけに、古い古い記憶が蘇り、やがてある疑問が湧き、それを割と真剣に考えているうちに、4畳半でまだ片付けていない箇所があることに気付いてしまった。



説明するまでもないだろうが、「独言」は字の通り「ひとりごとを言う」という意味で、「どくげん」と読む。
あたしがこの言葉を知ったのは、忘れもしない、小学6年の夏だった。
担任の先生が読んでいた本の題名にそれはあり、「どくごん?」と訊くと先生は、「惜しい。どくげん」と言った後でその本がいかに面白いのかを語ってくれた。
でも、「お前の歳で読んだってちーっとも面白くないけどな」とも言った。

「どうして?」
「旧仮名遣いだから読みづらいし、大人の本だから」
「へえ」
「お父さんが呑んでるビールの匂いを嗅いで、美味しそうって思うか?」
「ううん」
「その美味しくなさそうなビールを呑んでるお父さんの気持ち、わかんないだろう?」
「うん」
「そういうことなんだよ」
「ふうん」

何が「そういうこと」なのか、小学6年のあたしには判らなかったが、今になって思えばその本には、お酒以外の大人な話も書いてあったのだろう。
でも、先生が持っていたその本は文庫本より少し大きくて、自分がいつも読んでいる本とも親が読む本とも違い、なんだかとても魅力的だった。
ところが、本の題名と著者を頭に刻んで町の本屋さんに行ってみたが置いてない。
学校の図書室にも町の図書館にもない。
どうしたらあの本が読めるのだろうと思い母親に訊いてみると、「本の題名と書いた人の名前と出版社を言えば、本屋さんで取り寄せてくれるよ」と言う。
そこで、「本の題名と書いた人は判るけど、出版社は判らない」と言うと、「じゃあ、本屋さんにそう言って調べて貰えば?」と言う。
・・・・って、今書いてて思ったけど。



母よ、小学6年生の娘がエゲツナイ本を買ったらどうする気だったんだ?



ブ厚い本に出てきた「独言」という言葉で思い出したのは、そんな風にして小学6年のあたしが手にした1冊の本のことだった。
で、あの本、どこにやったっけ?
先生が言うには、大人になって読んだら面白い、でも、



大人になっても、8行読んだら猛烈な睡魔が襲ってきたあの本はどこだっけ。
(本当)



8畳を片付けてる時、部屋にある本は全部確認したし、4畳半のいたるところに積みあがっていた本も全部確認した。
売ったり譲ったりした本はあるけれどゴミとして捨てた本はないから、もしかしてずっと前に夏目父の部屋の本棚に入れたままになってるんだろうか?
が、それを確認しに行くも見つからない。
いよいよ不思議だ。



・・・・・・・・・・・・・・・・あ。








(まだヤニだらけな4畳半のドア上)



そういえば4畳半には、キッチンにあるような形の収納があったんだった。
8畳の天袋ばかりが気になってて、ここの存在をすっかり忘れてたよ・・・・。
学生時代のアルバムと本がちょっと入ってるのは覚えてるけど、あとは何が入ってるんだっけ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。





べ、別にいっか、開けなくてもっ。
(何で)



なんてことを言ったらここの家から出る時までこのままだろうから、気合いを入れて開けてみることにした。
えい。 ←気合い(夏目基準)






でも入ってそうな木箱が気になるけどそれはまた後で開梱するとして(いつ!)、今確認したいのは「独言」な本だ。
ここはひとまずほっといて、右に続く扉を開けた。
えい。






ああ、やっぱあった!




(「 夢酔独言―勝小吉自伝 」。勝海舟のお父さんが書いた「俺の生きざま記」)



久しぶりにパラパラと捲ってみたが、どう考えても小学6年が理解できる内容じゃあない。
かといって、言葉が乱れまくってしまった今のあたしでは読める気もしない。
まあ、これから先、睡眠障害にでもなった時は、迷わずこれのお世話になることにしましょう。そうしましょう。
つうか。
ここも整理しないとなあ・・・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん?












(またお前か)



つうわけで。
8月中にたった1日だけある夏休みは、ここを片付けることに決めた。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。





(たった1日の夏休み・・・・?)



(墓参り以外に何か予定があった気が・・・・)



(あ)



(まーじゃ・・・・)





見知らぬオヤジに貢ぎに行かず、片付けましょう。そうしましょう。





人気ブログランキング
 あたしが部屋に白いトルコ桔梗を飾る日は来るのか。(反語)


夏目父もあたしも霊長目ヒト科ヒト属で黄色人種で血縁関係があって、誰からも似てると言われたことはないけれど実は眉と瞼だけはそっくりで(少な!)、日にあたると、見てるそばから肌が黒くなるところや、右腕の肘と手首の真ん中あたりに細くて長い毛が生えているところも一緒。



ま あ 、 あ た し の 毛 の ほ う が 綺 麗 で 長 い け ど ね 。
(意味不明な自慢。意味不明なライバル心)



いいところだろうと悪いところだろうと、どこかしらが似てるのは、実の親子だから当たり前。
うちの両親から、ビヨンセやアンジーみたいな娘が生まれなかったも当たり前。
それが遺伝というものだ。






だからこそあたしは、我が目を疑い、困惑した。











(2008年8月1日撮影)











(2008年8月7日撮影)







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。








(2007年に咲いた日々草。これからこぼれた種が芽を出した、という認識)








(なのにピンクの花)







あたしのために、キティ色に染まってくれたってことにしよう。そうしよう。
(↑探求するのがメンドウになったらしい)





人気ブログランキング
 ペコさんちのクマオ氏を見て、「あ、ワキ毛がある!」と思ったのはあたしだけじゃないハズ。



また遅くなっちまった遅くなっちまった。





つうわけで。





暑気払いチャット(違う)、始まっております!
(まだ参加できてないけど!)





チャット会場は酉蔵クンのブログにリンクがありまーす。
(まだ参加できてないけど!!)





それではみなさん、チャット会場でお会いしましょー。






(22時45分までには参加します!!!!)





人気ブログランキング
 カナさんの上昇にニヤニヤする俺。