• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06

BOOK INFOMATION

単行本 『 片付けられない女魂 』 は、Amazonマーケットプレイスで購入できます。
片付けられない女魂     Amazon
(扶桑社 / 全503頁 / 書き下ろしアリ)



単行本発売に際してのお祝いコメント、読後の感想メール、感想コメント、感想TB、ネット書店でのレビュー等など、ありがとうございまーす。
それと。
単行本用に書いた文章について、本当ぉーにたくさんの感想を頂いてます。
みなさんのブログは勿論のこと、公開コメントや非公開コメント、メールなど、把握できたものについては全て読ませて頂きました。
で。
ものすごくいっぱい言いたいことがあるような気もするし、結局のところ言いたいのは「ありがとう」だけのような気もしています。
っていうか。
あまりにこっ恥ずかしいので、鼻でもほじりながら、



泣かせてごめーん。



と言いたい気分です。(鼻をほじらずに言え、ばか)

で、本当はみんなに御礼コメントを書きまくりたいんですが、今はまだ、照れ隠しにとんでもないことを書きまくってしまいそうなので、忘れた頃にポロっと書きに行くことにしました。

で、コメントと言えば。
地味ぃーに単独開催していた、「トラックバック祭りに参加してくれた全サイトにコメントを書くぞ!祭り」は、コメントを受け付けていなかったサイト・会員登録しなければコメントが書けなかったサイトを除いた95サイトにコメントを書かせて頂き、終了しました。
期限内にTBが受信できなかったサイトも含めると、参加サイトはなんと103



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



とーさん・・・・?



と、このブログに相応しいオチがつく数字だったので、期限内にTBが受信できなかった6サイトにも、近日中にコメントを書きに伺います。
「えー。書きにこなくていいのにぃー」と思ってる方も居ると思いますが。



腹 、 く く っ て く だ さ い 。



このTB祭りは、「一度もコメントしたことないけど読んでます」という人や、「長いことブログを書いてるけど、そういやあトラックバックってやったことねえや」という人にも多数参加して頂きました。
参加することにドキドキしたり、トラックバックのやり方がわからくて、「ああでもない、こうでもない」と苦労したり、参加サイトに「夏目さんのブログからきました」という書き出しでコメントを書いてみたり。
そんな、人間味溢れる様子を見ているのは微笑ましくて、モニターの向こうにいる誰かの存在がとても身近に感じられました。



綺麗事を並べたところで嘘つきではないし、本音を書くことが偉いわけでもなく、弱音や愚痴を書かないから強いってわけでもないけれど、それでも、人が誰かに親近感を覚えるのは、綺麗事ではなく本音を聞いた時なわけで。
だから今回のTB祭りで、共感したり親しみを感じて新しい繋がりが出来たことが、それぞれが本音で書いたという何よりもの証なのだと、あたしは思っています。
この祭りに参加して下さったみなさん、本当にありがとうございました。



そんなわけでここ数日のあたしは、TB祭り参加サイトや、単行本の感想を書いて頂いた方のブログを読みまくって、ホンワカしみじみしています。
それと。
「中学3年に読んだ「羅生門」以来、15年ぶりの読書」に挑んでいる、トトロの里親ヘンリー嬢のブログで、読書の進み具合をチェックしています。
ヘンリー嬢、現在215ページまで読了。
まあ、数字的にはいけてる感じもします。
でも、えーっとえーっと、本人気づいてるかどうか判んないけど、でも、





この本、503ページもあるからね?





今だから書けるけど、初回のゲラは約1,200ページもあって、だから、書籍化に際してあたしがやった主な作業は、とにかく量を減らすこと。
ええ。



本作りは、あたしの苦手な片付けによく似てました。



・・・・よく出来たなあ。(しみじみ)



#単行本が発売された余韻に浸っている間は、こんなゆるい話を書いていこうと思っています。
#コメント返し、思いっきり遅れてますが気長に待って頂けると嬉しいです。
#今日は本屋巡りをする予定。ものすごくドキドキしてます。






人気ブログランキング
 ↑のロゴにある、「近日リニューアル!」の文字にもドキドキする日々。
  と、とうとう追い出されんのかな、俺ら。