• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12

BOOK INFOMATION

単行本 『 片付けられない女魂 』 は、Amazonマーケットプレイスで購入できます。
片付けられない女魂     Amazon
(扶桑社 / 全503頁 / 書き下ろしアリ)



ちょろっと手をつけただけで放置していた夏目父の会社の決算準備に再着手したのが先月半ば。
ダラダラとグズグズとモタモタと、自分でもうんざりするくらいスローなペースで作業を進め、税理士への報告を終えたのが先週初め。
決算に関わらず、夏目父の会社は超小企業だから事務全般の作業量が少ないのだけれど、いつまで経っても慣れないし、好きになれない。
一番厄介なのが領収書の整理で、毎月税理士に入力したデータと照合して貰うと、そのまま放置してしまう。




(GW明け。整理しようかと数ヶ月分纏めてみて、途方に暮れているの図)



1ヶ月分の整理と1年分のそれとじゃ前者のほうがラクだってことはあたしにも判るが、領収書の束は月次確定した後はよっぽどのことがないと見返さないというのも判ってしまっているからタチが悪い。



さて、この週末は。
金曜の昼には確実にいた2人の諭吉が、ほんの数時間であたしの元から去ってしまったショックから、




(金曜の夜、見知らぬオッサンに万券を寄付した天使の所持金)



一歩も外に出ないぞ!と誓うも、土曜午前、ブログを更新している最中に、今日が資源ゴミの収集日だったことに気づき、慌てて新聞紙とダンボールを纏める。




(4階~1階を2往復)



たった2往復で汗だくになったので台所へ水分補給に行くと、「ユーロ2008が終わるまで仕事を休みたい・・・・」と呟いて自分の会社のパートのおばちゃんに思いっきり叱られた夏目父が、自堕落番長と目を合わせて話をしていた。



「うおーーーーん」 ←猫です
「うんうん、それで?」 ←親です
「うなーーーーー」 ←猫です
「そっかそっか、そういうことかぁ」 ←人間です



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



この光景、もう1,000回は目にしてると思うが、親が本格的にオカシくなったんじゃないかと思って毎回ビビる。
が、聞かないフリをして冷蔵庫を開けペットボトルの水をガブ飲みしていると、夏目父がこっちを見ずに話し掛けてきた。



「今日、新聞の日?」
「うん」
「もう出してきた?」
「うん」
「残念だったねえ」
「何が」
「一仕事終わったー!と思ってるでしょ」
「う、うん」 ←嫌な予感
「新聞紙、まだあるんだよ」
「・・・・ほう」
「でもちゃんと縛っておいたから
「・・・・え?あ、ありがと」
「どーいたしまして」




(夏目父の部屋から発掘)



あー、びっくりしたー。
どうリアクションしていいのか判んなかったし、わざわざ褒めることでもない気もするし、一般的には普通のことを自分がやって「すげーすげー」言われたら、その時の気分によってはカチンとくるかもしれないし。
でも聞いてよ、おかあさん。



夏目父が、古新聞とダンボールを紐で縛ってくれたんだよ!
(夏目家のミラクル)



「あたしが台所に行かなかったらどのタイミングで言うつもりだったんだ?」とか、「マンションの下に持って行くまでがゴミ出しです」とか、言いたいことがないわけでもないし、今回のことは100%気まぐれで、だからこれが最初で最後になる可能性は高い。
でも、2人っきりで暮らして丸12年で、初めての出来事だった。
もうねえ、たった1回だけでもいいよ、いい。
これから毎月古新聞を束ねるたびに、思い出してニンマリするからいいよ、いい。



月イチのじゃなくて週2の燃えるゴミをまとめてくれや。



なんて贅沢は言わないよ。
かれこれ10年くらい思ってるけど、言わないよ。(諦めろ)



諭吉2枚失踪のダメージをチャラにするほどではなかったが、夏目父の行動にびっくりしたその勢いであたしは、1年分の領収書や書類の整理に取り掛かった。

始めてみれば大して時間がかからないのは判ってる。
確か、1年分の書類を纏めるのは丸1日くらいしかかからなかったハズ。




(ベランダから見える繁華街の灯りを見て想いを馳せる)



それにしても。
結局のところあたしの場合、自分の心にモヤモヤを作ってるのは、他の誰でもない自分自身なんだなあと、改めて思い知った。

自分が勤める会社での仕事なら、多少は他者に翻弄されることもあるし、逆にあたしが迷惑をかけることだってある。
でも、なるべくそうならないよう、互いに迷惑をかけないようっていう気遣いや保身が、つまるところ責任感なわけで。
自分の部屋にいる時くらいはそんなことから解放されたいが、解放された途端せっせと自分に重石を乗せ始めてちゃ、気の休まる時間なんてなくなっちゃう。
それどころかそのうち、「自分の部屋より会社のほうが気が休まる」なんてことになりかねない。
そんな人生もアリだろうが、あたしはいいや。
今よりもっと仕事したいなんて思わないし。(ダメ社会人)





土曜の昼から始めた1年分の書類整理が終わったのは日曜深夜。




(領収書の糊付けも布団の上で)



カセットボンベ同様これも、いつかはやらなくちゃいけない宿題にずっと手をつけないでいるような気分になってたシロモノだったから、ようやく着手できてスッキリした。
で、それと同時に。



紙 ゴ ミ の 多 さ に 驚 い た 。






(3行で済むことでもA4に印刷するのがお役所なのかぃ?そうなのかぃ?)



それよりも何よりも。



布 団 周 辺 の 乱 れ っ ぷ り に も 驚 い た 。






(こんくらいはすぐに散らかせるのが汚部屋住人)



ひとつのことを集中してやると他のことが煩雑になるこの性格はなんとかならねぇのか?と思うが、まあ、この程度の散らかり方はちょろいちょろい。(甘い)



で、昨日の朝のこと。
「紙だらけの重いゴミ袋3つとバッグを持って家を出て、そのまま出社っつうのは難しいかなあ」などと考えながら台所へ行くと、キッチンやリビングのゴミも結構な量になっていて、それに自堕落番長の御不浄砂(命名:夏目父)を加えたらやっぱ1回で捨てるのは無理っぽい。
平日の朝の1往復と2往復の違いはデカい。
仕方ない。紙ゴミは次のゴミの日に捨てるか・・・・と、ゴミ袋を眺めていると、あたしより早く起きていた夏目父が風呂から出てきた。

「おはよう」
「ああ、月曜日はゴミの日か」 ←とーちゃん挨拶!朝の挨拶!
「うん」
「ゴミ袋2つもあんの?」
「うん。でもこれ以外に、デカいのが3つある」
「ほう」

夏目父をあてにすることなく12年も暮らしてきたあたしは、ゴミ袋5つを、どうやったら2往復で運べるか?を考えていた。
が。
夏目家にまた奇跡が訪れた。





「ゴミ袋1個、俺が出して行こうか?」


















な ん で す と ?





「5個あるんだもん、普通は3個と2個だろーが」なんて思わない思わない。
1個でもびっくりだよ!
つうか、何だよぉ、とーちゃん。
急に普通の人になってくれるなよう。
びっくりするじゃねえか。





「あ、全部で5個か。じゃあ2個持っていくよ」


















な 、 な ん で す と ?





「足し算も微妙なのかよ」とか「お前が3つであたしが2つっつうのもアリだぞ?」だなんて思わない思わない。
でもさあ、とーちゃん。
いきなり2個ってハードル高くね?(高くねえ)

「え、いいの?」
「いいよ。出かけるついでだし」
「2個もいいの?」
「いいよ」
「じゃあ軽いの2個、お願いします!」
「玄関に置いといてくれる?」
「かしこまり!」

台所とリビングのゴミをテキパキとまとめ、2個のゴミ袋を玄関の、いくら夏目父でも見落とさない場所に置き、あたしは風呂に入った。
風呂の中でも暫くは、「なんかの冗談か?」と思ったり、「「やっぱ、録画してるユーロ2008見たいから仕事に行くのやめた」なんて言い出しそう」と思ったり(あるあるー)、狐につままれたような気分。
が、夏目父が出かける音が聞こえると、今度はジワジワと嬉しさがこみあげてきた。





と・・・・





と・・・・





と ー ち ゃ ん が 改 心 し た ど ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ー !
(うるさい)





会社に行ったら部長に言おう。
あと、友達にもメールしよう。
叔母ちゃんにも従兄弟にもメールしよう。
夏目父の人と成りを知ってる人みんなに教えよう!
・・・・と、テンション上がりまくりで風呂を出た。
で、部屋に戻る途中でふと玄関に目をやると。











(あたしが置いたまま動きナシ。跨いで出てったと思われる)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。





いつもと変わりないとーちゃんでよかった・・・・。




なんて、全然ちっともさっぱり思わね。思うわけねえ。





人気ブログランキング
 「だって、持ってみたら結構重かったんだもん」(夏目父談)
コメント
この記事へのコメント
女の子だもん!
「上げて落とす」は写真をみてて、
どこか高いところに荷物を
上げようとして、チョットバランス崩しちゃっってほらこのとおり・・・

的な展開を予想しつつ読んでたら違うじゃないの!
夏目父上さすが!
ネコとはなせるのもさすが!(番長限定かな?)

振りまいた荷物を前に
「撒いちゃった、だって俺女の子だもん、非力だもん」
そんな台詞が見たかったです。

ともあれ、書類整理とゴミ捨てご苦労様でした。
きっと、おいしいビールが飲めるかも(諭吉がいれば・・・)
2008/06/24(Tue) 19:51 |   | ねこたぴょんのすけ #VAruazWY[ 編集 ]
お久しぶりです!

やっぱり夏目父は裏切らないですね~(^^)
見事な落としっぷり!!
久しぶりに爆笑しました。
あっブログ引っ越ししました。
遅くなってすみません。
2008/06/24(Tue) 21:36 |   | nerune #-[ 編集 ]
む~~ん
上げたままにしておいて欲しかったですねv-208
んでも、それじゃ夏目父らしくないかしら・・・v-40
2008/06/24(Tue) 23:00 |   | まあ #AiE7.q2A[ 編集 ]
はじめまして!
夏目さんのファンです♪
先日やっとブログ全部読み終わって、そのあと印税も献上させていただきました!
(どおしても書き下ろし部分が読みたかったんだもん・笑)

夏目父、やってくれますね~!
そうでなくっちゃ♪
でも・・・「重くても1個なら持てたんじゃね?」とは
初コメントでは書けねー!!!爆!

これからもブログ楽しみにしてますね♪
2008/06/24(Tue) 23:25 |   | よよっち♪ #klq26XPE[ 編集 ]
このミラクルを成就させるためには何が足りなかったのだろうか・・・?
夏目父の筋力???(笑)

来年の父の日には是非ダンベルを!
2008/06/25(Wed) 00:02 |   | にゃあにゃ #UGIdZf7g[ 編集 ]
ととと、とーちゃん
夏目さんのお風呂場面で、なんとなくいやな予感がしたのですが・・とーちゃん・・。

サッカーで会社休みたいって、とーちゃん・・。
なんつーか、スゴイっす。

お部屋の写真左下あたりにB'zさん関連のものがちらり、夏目さんもうライブ行ったのかしら?
2008/06/25(Wed) 00:19 |   | もも #bE7wpQQI[ 編集 ]
私の会社では…
ギックリ腰が流行りなようです…。
夏目父殿も過去にギックリ腰をしちゃって箸より重い物は持たないとか???(あくまで邪推です)
2008/06/25(Wed) 02:54 |   | 妄想族でめたん #-[ 編集 ]
またお邪魔しちゃいました
夏目父さま・・・なんてステキ。
夏目さんがカセットコンロカセックコンロや領収書を解決していくのを読んでて、私の頭の中にも「いつかはやらなくちゃいけない宿題」が甦ってきました。
実は、この家に引っ越して来て13年になるんですが、その時の荷物で13年間開けていないダンボール箱が数個押入れに眠ってるんです・・・。13年開けなくても何一つ不便を感じなかったんだから、きっとその中身は必要な物ではないのでしょう。さっさと捨てちゃって空いたスペースを活用すればいいことなのに・・・。

これができないんですよ。

筋金入りのぐうたら主婦でして・・・。

>自分の心にモヤモヤを作ってるのは、他の誰でもない自分自身なんだなあ

そそそっ!そうなの、そうなの!夏目さんのこの言葉、と~ってもよくわかりますぅ!
2008/06/25(Wed) 11:05 |   | つる姫 #pm/y2hE2[ 編集 ]
お、お疲れ様でした!(←何が)そんなお父様の気まぐれな一日に心を揺さぶられて挙句落とされるという・・・期待を裏切らない顛末・・・・
あざーーーーっす!(だから何が)

アハハハハ

もう笑うしかない
ですねん(泣)

2008/06/25(Wed) 13:20 |   | まあちゃん #-[ 編集 ]
夏目父ラブリー♪
期待を裏切らないお父様、ばんざーい。

諭吉さん、どこへ出て行ってしまったんでしょうねー(笑)
飛び立つのは早いですねー
すぐ居なくなっちゃう(クスン)

決算準備、ゴミ捨て本当にお疲れ様でした!
新聞紙ってすぐ溜まるし、重たいし、運ぶのが面倒ですよね。
うちはまだ2階なので夏目さんちに比べたら全然楽なほうですね。
2008/06/25(Wed) 23:01 |   | あっきー #twgT2IHc[ 編集 ]
こんにちわんU^ェ^U

おとうちゃん、ゴミ重かったのかぁ…e-330
番長さんとお話できていいなぁe-267
僕もお話できたらいいのにな…。
おとうちゃんとの会話、楽しそうだわんU^ェ^U
2008/06/26(Thu) 15:53 |   | まるU^ェ^U #m.xInOC6[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/30(Mon) 22:19 |   |  #[ 編集 ]
コメントありがとうございまーす。
♪「全部自分がやったんだよ」と叫べるおシゴトしましょう それがこの世で一番ステキ♪
という詞の歌が朝から頭の中でグルグルしてる。
いいこと言うなあ、稲葉浩志。



■ねこたぴょんのすけさん
乙女チックな記事もたまには書いてみたいなあって思うんですが、如何せん、腕力だけには自信があるんですよねえ・・・・。
あ、ちなみにうちの親。
会社では、ものすっごく重い荷物も頑張って持ちます。
が、家にいると、ペットボトルのキャップさえも開けなくなります。
方向はちょっと違うけれど、「外では出来ることが家に帰った途端出来なくなる」という意味では、似たもの親子。
・・・・って。

似なくていいとこばっかが似てやがるぜ。

>きっと、おいしいビールが飲めるかも(諭吉がいれば・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ゆ、諭吉っ!カムバーック!

■neruneさん
ブログの引っ越し先、教えてくれてありがとうございます!
neruneさんが帰省する日をこれほど待ち侘びている人は、親御さん以外にはいないんじゃないかと自負しております。
コメントはなかなか出来ないと思いますが(こら)、これからも読ませていただきますぜ。

■まあさん
「後で下げるなら、ハナから上げんなや!」と思わないでもないですが、でもいいの。
これからはもう、なんにも期待しないからいいの。いいの・・・・。(フェードアウト)

■よよっち♪さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
あ、ご自身のブログに拙著のこと書いて下さってたんですねー。
ありがたやありがたや。

「1個も持てねーって、お前どんだけ非力なんだよ」とか、ヤツの行動は常にツッコミどころ満載なんですが、長年ふたりで暮らしているうちに深く考えずツッコミもしない癖がついてしまいました。

■にゃあにゃさん
足りなかったのは、根性と誠実さと親心かと。
あ、あと。

学 習 機 能 。

何度もこんな目に遭って、そのたび「期待するのはやめよう」と思うのになあ。

■ももさん
とーちゃんは家で仕事をすることが多いんですが、こんな時に限って、会社に行かなくちゃ出来ない仕事が続いたようで。
自分の娘くらいの歳のパートさんに怒鳴られたそうな。
ぷぷぷぷ。

ライブはもちろん行きましたよー。
10回くらい。(多い)

■妄想族でめたんさん
会社では結構重い物を持ったりしてるっぽいんですけどねえ。
家にいると、自堕落番長より重い物は持たなくなります。
・・・・・・・・・・!
手触りか!?(違う)
手触りが問題なのか!?(だから違うよ)

■つる姫さん
あたしもつい最近、20年開けてないダンボール箱を見つけちまいました。
「使うか」「使わないか」で言えば確実に使わないんでしょうけど、それだけで区別できない物もたくさんあるわけで。
いつか、箱の中をぼんやり想像してみた時、捨てたくて仕方なくなる時が来るハズなので、その時までは放置プレイで良いとあたしは思ってます。
30年でも40年でも。(長い)

■まあちゃん
そう!
この十数年、親の気まぐれに翻弄されまくってます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
それがあたしの人生なんだ。そうなんだ。

■あっきーさん
夏目父以上に諭吉は気まぐれですなあ。
あたしの財布が気に入らないのか、すぐに他所のオッサンのズボンのケツポケットに行きたがりますもん。
あ。
財布変えればいいのかな。(多分違う)

■まるちゃん♪
汚ばちゃんは番長じゃなく、まるちゃんとお話したいわん。
まるちゃんに、美白の秘訣を訊きたいわん。
で、ナデナデしたいわん。(照)
2008/07/10(Thu) 18:39 |   | 夏目 #3/TEdRYI[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
↑↑↑↑↑↑↑↑
任意の英数字を入れておくと、後から、自身が投稿したコメントの修正・削除をすることができます。
(任意の英数字が管理者に知られることはありません)
秘密: 管理者にだけ表示を許可

【 お願い 】 単行本の書き下ろし箇所や、当ブログを紹介して頂いたメディアなどに関するコメントは、ネタバレにならないようご配慮頂けると幸いです。

【 お断り 】 コンテンツが商品紹介のみのアフィリエイトサイト、出会い系を含むアダルトサイトや18禁コンテンツを含む個人ブログなどのURLが記載されている場合、宣伝目的と判断し、予告なく投稿を削除することがあります。尚、削除に関する問合せにはお答えいたしません。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック