• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07

BOOK INFOMATION

単行本 『 片付けられない女魂 』 は、Amazonマーケットプレイスで購入できます。
片付けられない女魂     Amazon
(扶桑社 / 全503頁 / 書き下ろしアリ)



(この記事は、
サイバーバズの商品試用レポを含んでいます)



コスメマニアな友人の肌を見て、「「興味ないし」とか調子ぶっこいてないで、肌の手入れをちゃんとしよ」と思ってからというもの、コテコテの汚部屋で暮らしながらもスキンケアはするようになった。
で、思った。
結局のところ何をやろうが、MAXは現状維持なんだ、と。
もちろん、効果的なケアをすれば今より肌の状態は良くなるけれど、それを続けたからといって、どんどん若返るハズもなく。
長いスパンで考えると、自分で出来るケアの限界は、スキンケアの必要性に気付いた時くらいの肌の状態を維持することだろうなあと思う。
だから、スキンケアの必要性を早く気付くべきなんだとも思う。
実際、コスメマニアな友人の肌年齢は、実年齢よりひと回り以上若い24歳。
だからといってもちろん彼女が24歳に見えるわけじゃないけれど、でも、アラフォーな今でもとても魅力的だ。
偽ることなく、自分自身に胸を張って自信が持てる何かがあれば、人はいつまでも魅力的で居られるのだと、彼女を見ていると強く思う。
で。
せめて、自分の頑張り次第で何とかなることは頑張ってみようと、彼女を見ていると思う。



つうわけで、資生堂 『 コラーゲンアップデート 』 ドリンクタイプ の2回目レポ。
コラーゲンな美容ドリンクは夜飲むもの、というイメージがあったので、全10本は連続して、寝る1時間前に飲んでいたのだが、残念ながら効果を実感することは出来なかった。






旅の後、一緒に旅したコスメマニアの友人と話す機会があり、そのことを落胆気味に報告すると彼女は、「外からのケアのほうが体質に合ってるってこともあるしね」とアッサリ言った。

でも、これからも飲んでしまうと思うよ。
加齢を恐れているわけじゃないけれど、自分に出来ることをせずに老けこみたくはないもの。

あたしがそう言うと彼女は急に楽しそうな声になって言った。

「夏目ちゃんは大丈夫」
「何がよ」
「コラーゲンドリンクより肌に合うものがあるじゃない」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」



「 ほ ら 、 馬 刺 し ! 」
(天然入り)



・・・・あのさ、レバ刺しだから。
つうか。



そんなオッサンくさい方法、イヤ。





人気ブログランキング
 小指立てて!?ヘタこいたー!
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック