• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09

BOOK INFOMATION

単行本 『 片付けられない女魂 』 は、Amazonマーケットプレイスで購入できます。
片付けられない女魂     Amazon
(扶桑社 / 全503頁 / 書き下ろしアリ)

携帯の方はこちらからどうぞ。


4畳半から発見された、出所の判らないカエルについて頂いたたくさんのコメント欄には、「キモチワルイ」という意見の他に、「いかしてる」とか「欲しい」とかいう発言があったりする。
「売ってみては?」系のコメントもちらほらあり、それを読んでいるうちに、なんというか、その、あの、よ、よ、欲が出てきた。

欲は、人にいい夢を見させてくれる。

もしかすると。
あのカエルは、大金に化けるかもしれない・・・・。
そしたらお正月の夏目家の食卓には・・・・。









ぐふぐふふふ。



そんな夢・・・・というか妄想を抱きつつ、夕べ、家から徒歩で行ける場所にあるリサイクルショップ・・・・というよりは「骨董品店」ちっくなお店を訪ねてみた。


骨董品店の二代目店主は、あたしの麻雀友達であり呑み友達でもある。
それが縁で、夏目父とも呑むようになり、今では骨董品店を営む傍ら、夏目父の仕事のアシスタントもしている。
そして。
夏目父を「先生!」と慕っている。
掃除機で猫を追い回し喜んでいるようなオッサンがどーすれば「先生」になれるのかはわからないけれど、そんなオッサンを慕っている二代目は、あと10年もしたら夏目父みたいになりそうな、なんというか、人生の全てにおいてヤル気がなさそうで、生き生きするのは麻雀の時だけという、絶対結婚したくないタイプの男だ。
ちなみに麻雀は、一緒に打っているこっちが生きる気力を無くすくらい、弱い。


そんなヤツではあるけれど、あたしが、カエルが出現した経緯を掻い摘んで伝えた後で質問すると、本業に関することだからか、かったるそうではあったものの一応答えてくれた。

あたしが訊きたかったのは、

・ああいう類いのモノをリサイクルショップに持ち込む人がいるのか?
・持ち込む人がいたところでそれは捌けるものなのか?

だったのだが、結論から言えば どちらも YES らしい。

ただし。
「お前が盗んだモノじゃなかったらね」というのが前提だった。


普通なら「キミ!失敬だぞ!」とキレてもいいような発言だが、何せあたしは叩けば土埃(と綿埃とヒメカツオブシムシが脱いだ皮)が出る身なので、

「盗んでたとしても時効だよね」
「つーか盗んだのは確実に10年以上前?」
「いや、わかんない」
「窃盗の公訴時効は7年だぞ」
「わ、判った。気をつける」

と、ブラックジョークのよーな生々しいよーな話をした後、麻雀の話や、ほんの少しだけ虫の話をすると、近々カエルを引き取ってもらう約束をして店を出た。



さっき別れたハズのその男が我が家にやってきたのは、あたしが帰宅してから10分も経っていない時だった。
早速件のカエルを引き取りにきたのか?と思いきや、「それもあるけどメインは別件」と言う。

その男は両手にそれぞれ袋を下げていた。




(不味そうに撮れちゃった☆)







「かあちゃんがキャベツ持って行けって」




この男のお母さんは、外食ばかりしている我が家の食生活をいつも気にかけてくれ、月に何度かは元・料理人の息子に食材を持たせ我が家に派遣してくれるのだった。



2人が3人になったところで、キャベツ4個は一晩で捌けやしない。
元・料理人のこの男は、キャベツ1個を使い手際よく夕食を作ると、他の3個は千切りにしたり浅漬けにしたりロールキャベツにしたりしてくれた。
そしてそれが終わると、リビングのソファーにどっかと腰を下ろした。


で。
酒盛りが始まった。


なぜかいつもよりハイペースで呑み続ける夏目父と二代目。
酒盛り開始から1時間後にはだいぶ酔いが回っていた。

「このままではカエルが・・・・」

あたしも酔ってはいたが、なんとかカエルを忘れずにいられる程度だったため、二代目に話をふってみた。



「ねえ。今日カエル、持ってカエル?」



駄洒落ったつもりはないのに、二代目には「山田くん!座布団全部持ってっちゃって!」と馬鹿にされ、夏目父には「そんな娘に育てた覚えはない!出て行け!」と叱られた。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
酔っ払ってるくせにツッコミを入れるタイミングだけは早い二人をリビングに残して4畳半に行き、重ーいカエルを持ってリビングに戻った。






すると、だ。
あたしが抱きかかえていたカエルを見て二代目が大笑いし、そして、少し怒ったフリをして、驚愕の言葉を口にしたのだった。













「俺が売ったモンに文句つけんなよっ」












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え?
今なんと?
なんとおっしゃったの?

そう訊き返そうとしたのだが、あたしは瞬時に全てを把握した。


そうだ。絶対そうだ。
4畳半にコレを置いた犯人は夏目父だ。
理由は判らないけど、二代目の店でカエルを買い、4畳半の部屋のベッドの上に置いたのは夏目父だ。
なぜなら。
あたしは見てしまったのだ。
二代目の驚愕発言の直後、


少し慌てて二代目に目配せする夏目父の姿を。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
ここで夏目娘、インスタントヤ○ザに変身。 ←○=「ク」



以下、良い子は真似しちゃダメよ☆



「ちょっと」



あたしが野太い声で言った。
すると、夏目父と二代目は声を合わせて言った。



「 ち ょ っ と ! ち ょ っ と ち ょ っ と ! 」
(もちろんアクション付き。しかもとっても楽しそうに)





・・・・しょ、初っ端からキレそうになるがそれをぐっと堪えて話を続ける。

娘 「どういうことなの?」
父 「なんのことー?」


しらばっくれる気満々なようだが、あたしには白状させる自信があった。
何故ならあたしには切り札があるのだ。
だから続けた。


娘 「どーしてカエルをあたしの部屋に置いたの?」
父 「しらなーい。俺が置いたんじゃないもーん」
二代目 「もーん」
娘 「お前ら、グルだろ?」
父 「何のことー?」
二代目 「グルってなあにー?」
父 「グルってなあにー?」
父&二代目 (声を揃えて)「グルってなあにぃーーーーーー?」





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
泥酔者とマトモに話そうとした経験がある方にはこの状況が判って貰えるであろう。
あたしも、自分自身が酔ってこんな風になった経験があるからよく判る。

なんかね。
酔ってこーゆーテンションになっちゃうと、いろんなことが楽しく思えちゃうの。
ふざけてる自分がやたら面白いっていうかー、とにかく、冷静になるきっかけがないと止まらないの。
延々続けちゃうの。
相手がキレるまで続けちゃうの。
で。
キレられて自己嫌悪に陥るの。



だからあたしは、すぐに切り札を出した。
深呼吸をして落ち着いて、怒りが声に表れないように気をつけながら、切り札の言葉を口にした。
ちなみに。
あたしがこの言葉を口にして、夏目父の態度が改まらなかったことは一度もない。




「とーちゃん」
「はいはーい」 ←まだ気づいてない
「あのさ」
「はいはいはーい」 ←全然気づいてない
「今晩からさ」
「・・・・・・・え?」 ←ちょっと気づいた?












「トラ(仮名・猫の名前)と寝るの禁止ね」


え?これが切り札ですよ?












夏目父はシュンとなり、それにつられて二代目もシュンとなり、そして二人は何故かソファーの上に正座して、真実を語り始めた。(つづく)


人気ブログランキングへ
 ゴールは遠いですが、どうか長ぁーい目で見守ってやってください!
昨日の夕方、出張から戻った夏目父を迎えに車で空港へ行った。
夏目父の顔を見た途端、例の件と同時に、あの時嗅いだ、気を失いそうになるほどの臭いまでもを思い出してしまった。
でも、5日も前のことを今更責める気にもなれず、その件には触れないでいた。
なのに。
市街地へ戻る道すがら、夏目父のほうから例の件について話し出した。


父 「あのゴミ、ちゃんと捨てた?」
娘 「ん」
父 「お風呂ってすごくいいアイディアだと思わない?」
娘 「・・・・・・・・・・・・・・」
父 「袋から何かが漏れてジワーっときてもだいじょうぶだしね」
娘 「そーですね」 (いいとも風に)
父 「これからさ、ゴミを捨て忘れたらお風呂場に置くといいよ」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




お前が捨てればいいだけなんだがな。




心の中で悪態を吐いてみるも、その件について話そうとすると、鼻の奥のほうで臭いが蘇る気がして、どーにもこーにもいただけない。
とりあえずそのことは考えないようにした。
で、2人で呑みに出かけた。(またかよ)





(この冬、初アン肝!)




呑んでいる途中、夏目父が席を離れた時のこと。
夏目父の旧友である、お店の店長(夏目父好きのオカマ)が小声で語り始めた。

店長 「ねえねえ。最近何やら片付け魔になってるんだって?」
夏目 「・・・・ぶっ!」 ←マジで吹き出した
店長 「お父さんが言ってたよ」
夏目 「片付け魔って程じゃないよ。あまりにも酷いからやってるだけ」
店長 「それだ・・・・け?」
夏目 「何が?」
店長 「片付け始めた理由って、それだけ?」
夏目 「うん。それだけ」
店長 「そうなんだあー。いや、アタシもそんなことだろうって言ったんだけどね」
夏目 「ん?何なの?」
店長 「あのね。それ。「あまりにも酷いからやってるだけ」ってこと」
夏目 「うん」
店長 「お父さんに話してあげたほうがいいよ」
夏目 「どーして?」
店長 「お父さん、「嫁に行く気なんじゃないか?」って気にしてたから」
夏目 「・・・・へ?」
店長 「「急に部屋を片付け始めるなんて、それくらいしか考えられない」って」
夏目 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
店長 「「俺、独りになるかも」って寂しそうに言ってたよ・・・・」(しんみり)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




なんというか、想像力が豊か過ぎるにも程がある。
でも、訊かれてもいないのに、敢えて「片付け始めた理由」を夏目父に語る気にはなれない。
あたしがそう言うと店長は、「わかった。アタシに任せて☆」と言ってウィンクをした。
ヒゲ剃り痕が青々とした、見た目は100%オッサンのオカマなのに、ウィンクをしやがった。


夏目父が席に戻り、今度はあたしが席を立つ。
モヤモヤした気分のまま用を足して戻ってきてみると、オカマとオッサンは高らかに腕を上げ、テキーラで乾杯をしていた。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
お前ら、何に乾杯してんだよ。
もしかしてあれか?
「行き遅れた末娘が嫁に行くのかと思ってハラハラしてたけど、やっぱ嫁には行かないんだってさ!よかったね!つーか、よくよく考えたら、アイツが嫁に行けるワケないんだよね!そうだよね!うははは!かんぱーい!うははははー!」か?
そうか?
そうなのか?
つうかお前ら仲良さそうじゃねえか。
結婚すればいんじゃね?
いーじゃんいーじゃんお似合いじゃーん。(棒読みで)




そんなことがありつつも悪酔いはせず、楽しく呑んで、上機嫌で帰宅した。




で、今朝のことだ。

夢の中で掃除機の音が聞こえる。
いや、夢じゃないかも。
あ・・・、隣の家の音か。
いや違う。
この音は家の中だ。
家の中で誰かが掃除機をかけて・・・・る?
おかーさん・・・・・・・・はとっくに死んでるから、おとーさん?

そこまで考えが至った途端、一気に目が覚め、ガバ!っと布団を剥がして起き上がった。
時計を見ると朝8時。
夕べは、呑んだ割に帰りが早かったからそろそろ起きてもいい時間ではある。
でもまさか!
いや!でも!
確かに家の中で誰かが掃除機をかけている・・・・!




誰 だ ! ! ! ? ? ?




普通ならば、「二人暮しなんだもん。自分じゃなかったらもうひとりがかけてるに決まってるじゃん」と思えるのだが、あたしは生まれてからこのかた、夏目父が掃除機をかけているところを見たことがない。
掃除機の置き場所は知ってるだろうけど、使い方は知らないんじゃ?と思うくらい、掃除機と夏目父は縁がない。
なのに、家の中で掃除機の音がするのだ。


寝起きだというのにあたしはリビングへ走った。
そして、掃除機の音と、何やらバタバタと音がするリビングの扉の前で立ち止まり、深呼吸をした。


もしかすると。
あたしが片付け始めたことが影響して、とーちゃんに変化が起きたのかもしれない。
今までは「あたしが片付けること」=「嫁に行く準備」と思っていたから、面白くなくて協力できなかったのかもしれない。
それが夕べ、嫁に行くわけではないことを判り、「じゃあいっちょ俺も掃除っちゅーもんをやってみるかー」っていう気になったのかもしれない。


そんなことを考えながらリビングのドアを開けた。
そしてあたしが見たものは。













掃除機を持ち、楽しそうに部屋を駆け回る父親の姿と、
追いかけられて逃げ惑う猫の姿。














(今朝は怖かったっス・・・・)













そういえば、昨日あたし、掃除機を出しっぱなしにしてたんだった・・・・。
そして夕べ飲み屋で、「掃除機をかけると決まって猫が逃げ惑う」っていう話をしたんだった・・・・。
そうか。
とーちゃんってば、その姿が見てみたかったんだね・・・・。

っていうかね、とーちゃん。
とーちゃんは知らないかもしれないけど、掃除機っていうのは掃除するものなの。
床に落ちてるゴミをね、シューっと吸ってくれる便利な機械なの。
猫の遊び道具じゃないの。
猫を追いかけるためのものじゃないの。
ほらほら。
どーせ掃除機かけるなら、その、今通ったところの10センチ横に埃が落ちてるでしょ?
そこに掃除機をあてるといいんだよ。
いやいや、同じとこばかりじゃなくてさ、もうちょっと右!右!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
って。







朝からバタバタとうるせーんだよ。







我が父親のアホな行いに呆れて、声も出せずに唖然と立ちつくしていると、あたしの存在にようやく気づいた夏目父が、それでも猫を追うことをやめずに言った。



「おっはよー!」



脳天気な夏目父の声で更に脱力したが、やっとのことで「おはよう・・・・」と挨拶を返した。
・・・・と、その直後。



夏目父が掃除機で、ベンジャミンの鉢をひっかけた。






猫は鉢が倒れた音に驚いて、テレビの裏側に逃げ込んだ。
鉢からびゃーっと土がこぼれ出て、床を汚した。
すると。
夏目父はようやく走るのをやめ、掃除機を止めると楽しげに言った。



「はい!トラ(仮名・猫の名前)の負けー!」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
あたしは黙ってリビングを後にした。
それ以降リビングには行っていないから、汚れた床を夏目父がどーしたのかは判らない。
その後、掃除機の音は止んだから、多分片付けていないのだろう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
そのままでいんじゃね?
リビングの上に直植えすればいいじゃん。
そしたらもう、掃除機で遊んでも鉢を倒すことないしね。
いや、掃除機は遊び道具じゃないけどね。
でもいんじゃね?
遊びたきゃ遊べば。
いい歳してアホみたいだったけど、よその人に見せなきゃいいもんね。
せっかくあたしが片付けてるのにとーちゃんがどんどん散らかしやがるけど、でもいいよね。
片付けなんてやめたやめたー。
どうせなら、家中、土まいちゃう?
土の上で寝ちゃう?
それもいいかもね。
あはは。
あはは。
あははははー。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
っていうか、とーちゃん。
あたしは誰とも結婚できないんで、今のままだと一生二人暮しなワケですよ。
どっちかが死ぬまで二人っきりで暮らしていかないといけないんですよね。
で。
今のままだと家、荒れ放題なワケですよ。
だからね。
ここはひとつとーちゃんが。




オカマの店長と結婚すればいいと思うの。



人気blogRanking インテリア・雑貨ランキングへ いつもポチっ!して下さってありがとうございます!
おかげさまでこんな埃くさいブログインテリア・雑貨カテゴリ2位になっちゃいました。
このカテゴリから追い出される日まで、引き続き応援ポチ!をよろしくお願い致します。

夏目さんのお家に3人も控えているかわいい働き者の小人が、一足早くmameさんのとこで活躍していましたよ!!





ああ・・・・。
あたし、ブログやってて良かったなあ・・・・。(しみじみ)
さすがカナさんは優しいなあ・・・・。(しみじみ)
片付けブロガーの人達ってみんな優しいなあ・・・・。(しみじみ)

というわけで!
カナさんのコメントを読んですぐに、mameさんのブログ「すくすく まめたろう」エントリーを覗いてみましたっ!













なーーるーーほぉーーどぉーーーーーーーーー!
ほっかむりだよ、ほっかむり!
オッカシイと思ったんだよねぇ。
青ポットさんのところに、超キュートな小人さんが登場したあたりから、「なーんであたしのところには来ないのかなあ」って不思議だったんだよねぇ。
ほっかむりっスよ、ほっかむり!(シツコイ)


そうと判れば実践!実践!






(どーもー。今夜はよろしくねー)





くっくっくっくっ・・・・。 ←ちょっとキテます。


さあさあ、被らせてあげましょーねー。 ←だいぶキテます。










(奮発して、ワイルドなドルガバのハンカチを被せてみました)





くっくっくっくっ・・・・。 ←ほんと、キテます。


さあさあ、奥さんもいらっしゃーい。(三枝風に)










(未だに右腕は上がりっぱなし)





くっくっくっくっ・・・・。 ←殴ってください。


さあさあ、奥さんも被りましょうねー♪ ←鼻血が出るほど殴ってください。










(奥様には、女性らしいINGEBORGのハンカチを)





くっくっくっくっ・・・・。 ←歯の1本や2本、折れたっていいです。


こうなれば息子さんもねー♪ ←大丈夫でしょうか、あたし。










(息子さん、ご両親に似てないんじゃ・・・・?)














(今から大仕事が待っているのに余裕の表情でスタンばる、プー御一家)







さーてーとっ!
やって貰いましょうか!

準備はいいかい?
いくよ?

よーーーーーーーーーーーーーーいっ!
すたーとぉーーーーーーーーー!
ぴぃー!













































ぴぃぃぃぃーーーーーーーーーーっ!





























(動かないので動かしてみた)













・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
















(旦那に背後から念を送ってみる)
















奥さん。
お宅の旦那、いつもこんな、スロースターター?











あの。






すみません、旦那さん。























何時に始めるんスかね?

















































寝 る な 、 く ま 。






むむむむ。
今晩も夏目父の部屋に居候させてもらわなくちゃ・・・・。

どーか、朝起きたら部屋が劇的に変わってますよーに。


いや、それよりも。





明日こそはあたしにヤル気が起きますよーに。



人気blogRanking インテリア・雑貨ランキングへ カテゴリ別Rankingは7位あたりです。
今日も 応援ぽちっ!をお願いします!
あたしは



汚部屋に住んでいるくせに



汚部屋に住んでいるくせに



汚 部 屋 に 住 ん で い る く せ に っ !



コスメが大好きで、ボディケアグッズも含めて、良さそうなものがあればとりあえず買って使ってみる生活を社会人になってからずぅーっと送ってきた。
3ヶ月ほど前も、「アンジェリーナ・ジョリーになれたらいいな☆」なんつう妄想を抱いて、資生堂・インテグレートのメイク用品を買い揃えたのだが、その直後に部屋を片付け始め、「部屋がある程度片付くまでは必要最低限のモノしか買わない」と心に決めたので、インテグレート以来、化粧品を全く買っていなかった。
あたしの記憶によると、丸3ヶ月もの間、化粧品を1つも買わなかったのは、社会人になってから初めてのことだ。 ←これはこれで大分オカシイ。




ポイント最大7倍!35%OFFつやの中にダイヤモンドのような輝き資生堂 マキアージュ  ダイヤモ... 資生堂インテグレートグラマラスルージュ


賛否両論はあるだろうけど、あたしは資生堂のリップメイク製品が好き。
何故なら、ピエヌ(もうないけど)もマキアージュもインテグレートも、いわゆるダイヤル式のグロスを出しているから。
スティックの下の部分をカチカチと回すと先端からグロスがジワーっと出てくるこのダイヤル式のグロスは、チップ式のものより出すのも塗るのもラクチンなので、面倒くさがりにはもってこいのアイテムなのだ。
それにひきかえ、ペンシルグロスはどーしてああもメンドウなんだろう。



インテグレート:ペンシルグロス RS291  ☆3点まで送料105円☆10%OFF!!【メール便OK】 資生堂 インテグレート ペンシルグロス  ポイント最大3倍!くっきり整ったフォルムを印象付けたい資生堂 【インテグレート】 ペンシル...



そもそも。
資生堂に限ったことではもちろんなく、こーゆーペンシル型のモノって、単体で使い続けることができないのが気にいらない。
シャープナーがないとダメってところが気に入らない。
資生堂 シャープナーN 231
気に入らなくても買っちゃうんだけど、でもやっぱり気に入らない。(シツコイ)
だってさ。






こうやって削るでしょ?
これだけだって面倒くさいのにさ。






シャープナーの刃の部分にこんもりと、削れたグロスが溜まるでしょ?
これがどーにもこーにも厄介。
グロスが溜まっているところが刃の部分なだけに、ティッシュで拭き取るにも気をつけないと危ない。

「メンドクセ」。

今まで、ペンシル型のグロスやアイカラーを削るたびに、そう思っていた。
でもね。
なーんか最近、変わってきた。



「面倒くさい」のは変わりないのだが、拭き取るときにふと、「もったいない」と思ってしまうのだ。


未だに月に何万円も飲み代に費やし、ほんの3ヶ月前まではコスメもポンポン買いまくり、使いかけのグロスがたまれば躊躇せず捨ててたくせに、なんでこの、削れたグロスを「もったいない」と思ってしまうのかが、自分自身、不思議で不思議でしょーがない。


グロスを買うのがイヤなのかもしれない。
モノが増えるのがイヤなのかもしれない。
それが「もったいない」と思うようになった理由なのかは自分でも判らないけど、とにかくあたしの中で何かが変わったことだけは確かだ。
これがいいことなのか悪いことなのかすら判らないけど。



で、今朝。
いつものようにリビングで化粧をしていた。
会社で化粧直しをする時に困らないように、いつものようにペンシルグロスを削った。
そして刃にはいつものように削れたグロスが溜まった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・やっぱり。





も っ た い な い 。





シャープナーの刃に溜まったグロスを見つめてまた思った。
もったいない。もったいない。

も、もったいないから・・・・・























べ、べ、紅筆で取ってそのまま塗ったんですけどもー。
これを夏目父に目撃され、あっさり言われた。





「武田久美子はそーゆーことしないと思うよ」





プレシャスKumikoボディ  武田久美子という生き方  くみこの掟  武田久美子のつくり方



・・・・・・・・・・・・・・・・・。
あたし、武田久美子嬢を崇拝してるんですけどね。
あの。
ほんとーに武田久美子嬢はこんなことしないんでしょーか。
というか。
世の中の女性は、こーゆーことしないんでしょーか。
これを「もったいない」と思うあたしは、ケチなんでしょーかっ?
(全体的に真顔で訊いてます)

人気blogRanking インテリア・雑貨ランキングへ カテゴリ別Rankingは7位あたりです。
今日も 応援ぽちっ!をお願いします!